このページの本文へ

アマゾン、アプリ配信用のポータルサイトをオープン

2012年10月05日 00時34分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 Amazon.comは10月4日、日本向けアプリの配信用ポータルサイトをオープンした。

 同ポータルサイトのオープンは、同社が今年初旬に発表したアプリ配信のグローバル展開の一環。簡単にアプリに組み込めるアプリ内課金APIを提供することで、仮想アイテムや定期購読コンテンツを含むアプリ内アイテムの販売をサポートしているほか、利用者がゲームを楽しめるように、達成項目の確認、ほかの利用者とスコアやランキングなどを比較できるリーダーボード、ゲームプレイを複数の端末間で同期できる機能を追加するためのAPIであるGameCircleも提供している。

 初めて利用する時は、Amazonのアプリ配信用ポータルサイトでの登録が必要。初年度の年間プログラム費用は無料。また、これに伴い世界の携帯アプリの開発者に対して、年内に日本で配信する予定のアプリの登録受付を開始した。

 既にサービスを開始している米国・欧州のAmazon Appstoreでは、アプリを提供のほか、お薦め機能、カスタマーレビュー、1−Click決済を含むAmazonのショッピング機能も提供している。

 ■「アプリの登録受付」( https://developer.amazon.com/welcome.html

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く