このページの本文へ

電通、iOS対応のクーポン発行システム開発

2012年09月18日 00時25分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 電通は9月14日、米国アップル社の「iOS 6」に標準搭載された電子チケット、電子クーポン、電子会員証を一括管理できる「Passbook」アプリケーションに対応した、企業向けのPassの発行管理システム「PASSSS」を開発した。

 「PASSSS」は、企業が直接ウェブ上でパスを発行・管理できる管理システムと、店舗で発行されたパスを読み取るためのPassリーダーアプリから構成されたシステム。さまざまな企業が提供する電子クーポンや電子チケットを一元管理でき、iOSデバイスのGPS機能により、近隣で利用できるPass情報が自動通知されるなど、従来の電子クーポン・チケット手法にはなかった利便性を有している。

 Passを発行する企業側は、2次元バーコードを読み取ることで、ユーザーによる利用状況をリアルタイムに管理できるほか、ユーザーのサービスの利用状況に合わせてPassの内容を更新できる。

 「PASSSS」は9月21日から電子クーポンサービスに限定した形で提供を開始し、年内には電子チケットに対応したサービスも開始する予定だ。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く