このページの本文へ

WesternDigital「WD10EFRX」、「WD20EFRX」、「WD30EFRX」

売れ行き好調! WD製NAS向けHDDの国内版が販売開始!

2012年08月11日 23時28分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NAS向けに開発されたというWesternDigital製のSerial ATA対応の3.5インチHDD「WD Red」シリーズ。その正規代理店取り扱いモデルの流通が本日より始まっている。

NAS向けに開発されたというWesternDigital製のSerial ATA対応の3.5インチHDD「WD Red」シリーズ。正規代理店取り扱いモデルの流通がスタートした

 「WD Red」シリーズは、主要NASボックスでの動作確認済みで、24時間365日の連続稼働と高いパフォーマンスを確保するため、NAS専用ファームウェア「NASware」を搭載。消費電力や搭載HDD台数をファームウェアが判断しながら動作するため、複数HDD環境でも高い信頼性とパフォーマンスを発揮するというHDD。先月より並行輸入版が販売されていたが、本日より正規代理店取り扱いモデルが発売された格好だ。

ほとんどのショップで取り扱い中の「WD Red」シリーズ。取材中、指名買いをしていく人も多く見受けられた

 ラインナップは1TBモデル「WD10EFRX」、2TBモデル「WD20EFRX」、3TBモデル「WD30EFRX」の3製品。売れ行きの方も非常に好調という。なお、ショップによっては3年保証と明記されたリテールパッケージに収められて販売しているところもある。
 価格はおおむね「WD10EFRX」が8280円、「WD20EFRX」が9980円、「WD30EFRX」が1万4480円。以下のショップで販売を確認している。パソコンショップアーク、オリオスペック、ソフマップ秋葉原本店リユース総合館、ZOA秋葉原本店、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.、TWOTOP秋葉原本店、ドスパラ パーツ館、パソコンハウス東映、フェイス秋葉原本店、PC DIY SHOP FreeT。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中