このページの本文へ

第2回「パソコン自作力検定」が8月19日に東京・大阪で同時開催

2012年05月18日 19時00分更新

文● ASCII.jp編集部 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 自作PCの知識を問う本格的な検定試験「第2回 パソコン自作力検定」が、8月19日に実施される。第1回の検定は東京でのみ行なわれたが、第2回は東京のほか大阪でも同時開催となる。

8月19日に「第2回 パソコン自作力検定」の開催が決定。各ショップに告知ポスターが貼られている

 検定の申し込み受付期間は5月18日から7月17日まで。受験料は2500円で、同検定のウェブサイトから申し込める。
 試験内容は自作に関するパーツの知識と自作に関すること全般。今回から問題監修にテクニカルライターの高橋敏也氏を迎え、1回目より挑戦しがいのある内容になるという。問題は全100問(4者択一マークシート方式/試験時間は60分)。

約200人が受験した第1回の様子。検定の企画運営はイーアリーナ株式会社、主催はパソコン自作力検定実行委員会が行なう100点満点中56点以上の成績者はA級~D級に認定され(A級:96点以上/B級:95点~86点/C級:85~71点/D級:70~56点)、後日認定カードが送られる。ちなみに第1回のA級該当者は0名、B級は3名だった

 なお、成績優秀者上位10名には一流メーカー製パソコンパーツがプレゼントされるほか、上位10名以外の等級認定者にも抽選で100名にオリジナルロゴ入りマイクロソフトタッチマウスがプレゼントされる。
 自作PCの知識に自信がある人や腕試しをしたい人は、同検定を受けてみるといいだろう。

等級認定者100名に当たるオリジナルロゴ入りマイクロソフトタッチマウス

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中