このページの本文へ

本格オーディオメーカー「CAV」が作ったスマホ用振動スピーカー

2012年05月10日 13時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
5色のラインナップを揃える「BuruTta バイブレーションスピーカー」
5色のラインナップを揃える「BuruTta バイブレーションスピーカー」

 ヘッドフォンやスピーカーなどをリリースしている本格オーディオメーカーのCAVジャパンから、スマートフォン向けの振動スピーカー「BuruTta バイブレーションスピーカー」が発表された。6月発売予定で価格はオープンプライス。

 「BuruTta(ブリュッタ)」は同社が新たに展開するスマートフォン向け製品のブランド名で、今回の製品がその第一弾となる。

 竹を切ったような形状をしている本製品は底面に振動部があり、そこに接触するものをスピーカーとして音を発生させる。たとえばデスクの上に置けば、振動の伝達によりデスク自体が音を発する(もちろん、接触するものの素材によって鳴りにくいもの、鳴りやすいものがある)。

iPhoneを設置した状態 iPhoneを設置した状態。ボディーは金属製で質感はかなりいい

 傾斜がついた上部はスマートフォンの設置箇所となるが、特殊シリコン製の「スマピタ」プレートが装着されており、そこにスマホが吸着される形になる。これによりずり落ちることがないのはもちろん、スマホを縦/横どちらでも好きな方向に設置できる。

 スマホとはBluetoothで接続できるので、iPhoneでもAndroidスマホでも問題はない。また、ケーブル接続(ミニプラグ)による音声入力にも対応しているので、オーディオ機器の外部スピーカーとしても利用可能だ。

 本体にはバッテリーを内蔵しており、連続再生時間は約10時間となる。充電は本体のUSBポートで行なうが、充電中は本製品からスマホに給電することもできる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン