このページの本文へ

スマホの音楽もいい音で! ソニーの2.1chシアターシステム

2012年03月01日 13時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
液晶テレビの左右に設置された「HT-FS30」。こんな「VAIO」が昔あったような……
液晶テレビの左右に設置された「HT-FS30」。こんな「VAIO」が昔あったような……

 ソニーから、セパレートタイプの2.1chシアターシステム「HT-FS30」が発表された。4月28日発売予定で予想実売価格は2万3000円前後。

 本製品はスピーカー2本とアンプ内蔵サブウーファーという構成のシアターシステムで、デジタルアンプの「S-MASTER」を内蔵し、バーチャルサラウンド機能の「S-FORCE PRO フロントサラウンド3D」を利用可能。「ドルビー Ture HD」や「dts HD Master Audio」といったHDオーディオの再生にも対応する。

 サブウーファーは、低音域の音圧を上げる「スマート・BASS・テクノロジー」を新たに採用。単に重低音を響かせるのではなく、音の広がりや厚みを再現する。

入出力端子はサブウーファーの背面にある サブウーファー前面上部には最低限の操作ボタンを搭載
入出力端子はサブウーファーの背面にあるサブウーファー前面上部には最低限の操作ボタンを搭載
付属のリモコン。テレビやレコーダーの操作もできる 付属のリモコン。テレビやレコーダーの操作もできる

 HDMI入力を3系統備えるほか、アナログ(RCAピン)入力端子も搭載。アナログ入力は主に携帯オーディオプレーヤーやスマートフォンと接続することを想定しており、圧縮音声の高音域を補完する「ポータブルオーディオエンハンサー」を利用できる。

 そのほか「ムービー」や「スポーツ」といった9種類のサウンドモードを用意し、(HDMI連携により)テレビの番組ジャンルに合わせて自動的にモードを切り替える「オートジャンルセレクター」を利用可能だ。

 音量を下げる際に肉声の成分のみ音の下げ幅を小さくする「クリアボイス」や、CMと番組の音量差をなくするように自動調整する「アドバンスド自動調整機能」なども搭載する。

ラックタイプの「RHT-G10EX」
ラックタイプの「RHT-G10EX」。2段棚の上段には初代プレイステーション3を置けるスペース(高さ)がある

 HT-FS30の基本機能をそのままラック型筐体に収めた「RHT-G10EX」も登場。予想実売価格は5万円前後で、発売日は4月28日の予定だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン