このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

徹底研究! ネット時代に対応したホームシアター「BDV-N1WL」第1回

リビングでも“ちゃんと設置できる”サラウンドシステム

スマホから操作もできるBDV-N1WLの真価を問う!(前編)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

リアスピーカーをワイヤレス化したサラウンドシステム

 テレビを大型で高精細なものに買い換えて、映像環境がリッチになると、それに合わせて音響面もグレードアップしたくなる。しかし、一般的な家庭のリビングを想定すると、サラウンドシステムをわけなく設置できるところはむしろ少ないだろう。5.1chの場合、サブウーファーを含めて都合6本のスピーカーを使うため、その置き場所を確保しなければならないし、うち2本はリア側に置くのでケーブルの取り回しも問題になってくる。

 こうした理由からサラウンドシステムの導入を断念しているのなら、ソニーのホームシアターシステム「BDV-N1WL」に注目したい。これは、アンプとBD/DVD/CDプレイヤーを一体化させた本体に、5.1chスピーカーをセット構成にした製品だが、設置の容易性が大きな特長になっている。フロント2本とリア2本のスピーカーは厚さが54mmとスリムで、壁掛け設置もできるほか、リアスピーカーがワイヤレス化されていることもポイントだ。

BDV-N1WLには、フロント(×2)、リア(×2)、センター、サブウーファーのスピーカーが計6本と、本体、サラウンドアンプ(リアスピーカー駆動用)がセットになっている

「ホームシアターシステム BDV-N1WL」の主な仕様
アンプ部
実用最大出力 [フロント]155W+155W 
[センター]155W [サラウンド]90W+90W 
[サブウーファー]155W
入出力 HDMI入力×2、HDMI出力、光デジタル入力、アナログ音声入力、USB、LAN
無線通信 Bluetooth、NFC対応
サイズ [フロントアンプ]約480×79×226mm(ワイヤレストランシーバー含) 
[サラウンドアンプ]約206×60×236mm(ワイヤレストランシーバー含)
重量 [フロントアンプ]3.1kg(ワイヤレストランシーバー含) 
[サラウンドアンプ]約1.3kg(ワイヤレストランシーバー含)
対応フォーマット DTS-HD Master Audio、DTS-HD High Resolution Audio、DTS-HD Low Bit Rate Audio、DTS 96/24、DTS-ES Discrete6.1、DTS-ES Matrix6.1、DTS、Dolby TrueHD、Dolby Digital Plus、Dolby Digital、MPEG-2 AAC、リニアPCM(2ch/5.1ch/7.1ch)
スピーカー部
ユニット [フロント/サラウンド]トゥイーター:20mmソフトドーム型、ウーファー:バスレフ型/80mmコーン型磁性流体スピーカー 
[センター]トゥイーター:20mmソフトドーム型、ウーファー:バスレフ型/60mmコーン型磁性流体スピーカー×2 
[サブウーファー]バスレフ型/180mmコーン型
サイズ [フロント/サラウンド]約100×435×54mm(スタンド無) 
[センター]約365×75×75mm 
[サブウーファー]約280×440×280mm
重量 [フロント/サラウンド]1.1kg(スタンド無) 
[センター]約1.3kg 
[サブウーファー]約8kg

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中