このページの本文へ

団塊世代の男性、就業率は6割・年金受給8割

文●通販通信

2012年02月21日 09時44分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 インテージは2月20日、「団塊世代の男性のライフスタイル」に関して調査を実施し、その結果を発表した。

 調査結果によると、「団塊世代の男性に現在の就労状況」を聞いたところ、収入を伴う仕事をしている人は61.0%。そのうち約8割が週に4、5日以上「働いている」と回答した。一方、「働いていない」人は年齢が上がるに比例して割合が高くなっている。  

 現在の収入源は「公的年金」(77.8%)、「勤労収入」(61.0%)、「個人年金」(27.6%)、「金融資産による収入」(21.0%)。「公的年金」の受給に関しては、働いていない人は95.2%、働いている人でも66.6%が受給している。  

 友人や家族とのコミュニケーション手段として一番利用しているツールは、「携帯電話・PHS」(35.0%)、「パソコンのメール」(29.6%)、「携帯電話・PHSのメール」(16.4%)、「固定電話」(13.5%)。団塊世代の男性の趣味は「旅行」(56.8%)、「読書」(47.4%)、「映画鑑賞」(43.0%)、「音楽鑑賞」(33.5%)となった。

 調査時期は2012年1月20日~23日。対象は62~64才の団塊世代の男性800人(京浜/東京・埼玉・千葉・神奈川)。

 ■「団塊世代の男性のライフスタイル調査」(http://www.intage.co.jp/chikara/02_topics/621/

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く