このページの本文へ

薄さが1cm未満! 7型中華タブレット「P75」

2012年01月26日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 厚さわずか9.9mmという薄型デザインが特徴の7型Androidタブレット「P75」が東映無線ラジオデパート店で販売されている。メーカーは中国のTeclast。

厚さわずか9.9mmの“激薄”タブレット「P75」が登場。性能も快適に使用できる水準を十分満たす

 CPUに動作周波数1.2GHzの「RK2918」を採用し、512MB(DDR3)のメインメモリーと静電容量式5点マルチタッチ液晶パネル(800×480ドット)を搭載。現行のAndroidタブレットとしては一般的なスペックの製品といえるものの、最厚部9.9mmという薄型デザインが最大の特徴。1cmを切る厚みは、現行流通する中華タブレットの中では最薄とみられている。

 重量も約354gと非常に軽く、持ち運びやすい7型サイズを採用することもあり、外出時のお供には最適な製品といえそうだ。

横から見ると改めてその薄さが実感できる。背面は落ち着いたシルバーカラーを採用

 そのほかの主な仕様は、8GBのストレージ用メモリーを搭載し、外部ストレージとして最大32GBのmicroSDカードが使用できる。IEEE 802.11b/g/nの無線LANに対応し、フロントに30万画素のカメラを搭載する。

 本体サイズは幅204×奥行き122×高さ9.9mm。東映無線ラジオデパート店にて1万1580円で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン