このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

速くて便利! 実測でわかるモバイルデータ通信第11回

電池切れの心配なし!? 大容量バッテリー搭載の「GS02」

2012年01月19日 12時00分更新

文● 宇野貴教

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 最近のスマートフォンの弱点はバッテリーによる稼働時間だ。通常の使い方で1日持たない機種もある。そこで今回は「大容量バッテリー搭載で長く使える」という、なかなか魅力的なキャッチコピーを持つイー・モバイルの「GS02」を試してみたい。

スペックや通信速度は標準クラスだが
バッテリー容量は約2割増し!

上部にはイヤフォンジャックと電源ボタンを搭載 底面にはmicroUSBコネクターがある
上部にはイヤフォンジャックと電源ボタンを搭載底面にはmicroUSBコネクターがある

 GS02は中国のスマートフォンメーカー大手であるHuaweiが製造を手がけたAndroid 2.3端末で、4型(480×854ドット)のマルチタッチ対応液晶パネルを搭載する。

 大容量バッテリーをセールスポイントにしているが、幅61.5×奥行き11.5~10.9×高さ122mmという本体サイズは一般的なスマートフォンと大差なく、特にサイズが大きいわけではない。薄さ(奥行き)は最厚部でも11.5mmとかなり薄く、手に持つと他機種よりも小さく感じるほどだ。

シャツの胸ポケットにも余裕で入る薄さだ 背面には800万画素カメラを装備。前面にも30万画素のサブカメラを搭載する
シャツの胸ポケットにも余裕で入る薄さだ背面には800万画素カメラを装備。前面にも30万画素のサブカメラを搭載する

 CPUにはQualcommの「MSM8255T」を採用。動作クロックは1.4GHzで、実際に触った感触では特にストレスを感じることはなかった。通信速度は下り14Mbps、上り5.8Mbpsで、EMモバイルブロードバンドの最大速度である下り42Mbpsよりもかなり低い。

 だが、モバイルオンリーまたはサブ通信回線としては申し分のないスピードだ。テザリング(Pocket WiFi)にも対応し、同時接続台数は最大8台とかなり多めである。

セールスポイントのバッテリーは1880mAh 電池室の上部にmicroSDカードスロットとSIMカードスロットがある
セールスポイントのバッテリーは1880mAh電池室の上部にmicroSDカードスロットとSIMカードスロットがある

 セールスポイントであるバッテリー容量は1880mAhで、テザリング利用時の連続通信時間は約330分となっている。一般的なスマートフォンのバッテリー容量は1500~1700mAhの機種が多いので、GS02のバッテリーは他機種よりも10~20%ほど長持ちするというわけだ。

 連続通信で5時間半だとビジネスタイムには足りないが、モバイル通信で常にデータを送受信するようなことは考えにくい。ヘビーユーザーでも、1日を充電なしで乗り切れるバッテリー容量だと言えるだろう。

背面カバーはホワイトとピンクが付属する 背面カバーはホワイトとピンクが付属する

本体100円+月々約5000円で利用できる

 イー・モバイルのオンラインショップでの端末価格は4万9800円となっている。ただし、2年契約の割引プラン「シンプルにねん」と、月々1600円を上乗せして支払う「アシスト1600」にセットで加入すれば頭金100円で購入できる。

 シンプルにねん+アシスト1600で契約した場合の月額利用料金は、完全定額制の「スマートプラン」が6180円、2段階制の「スマートプランライト」が2180~6500円だ。だが、同社のネット接続サービス「EMnet」(月額315円)に加入することで「月額割」が適用される。

 その場合の月額利用料金は、スマートプランで5080円、スマートプランライトで2180~5980円となる。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン