このページの本文へ

「たよれーる デバイスマネジメントサービス」は2012年2月1日より提供

大塚商会、IDあたり300円/月のスマートデバイス管理

2011年12月09日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 12月8日、大塚商会はスマートフォン、タブレット端末などのスマートデバイス用の運用・管理ソリューション「たよれーる デバイスマネジメントサービス」を2012年2月1日より提供すると発表した。

 たよれーる デバイスマネジメントサービスは、モバイル機器を運用する際のセキュリティ管理や運用管理を行なうMDM(Mobile Device Management)で、管理者の工数を大幅に削減、ユーザー利便性を高めるという。第一弾としてiPhone、iPadに対応したサービスを提供する。

大塚商会のMDMソリューション「たよれーる デバイスマネジメントサービス」の構成

 サービスは、端末情報取得と端末設定管理が可能な「基本サービス」(月額300円/ID)、リモートロックとリモートワイプ操作を代行するオプション(月額200円/ID)で構成。利用最短期間は6カ月で、利用最少ID数は5IDとなる。なお、基本サービスのみの契約時は、別途テレフォンサポート費が1社あたり月額1000円必要となる。

たよれーる デバイスマネジメントサービスが提供するおもな機能一覧

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ