このページの本文へ

インターネット経由でデータセンターに保存

6TBまで対応!大塚商会、「TWIN NAS」の遠隔バックアップ

2012年01月17日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1月16日、大塚商会は大容量ファイルサーバーの遠隔バックアップを可能にする「TWIN NASリモートバックアップサービス」を発表した。

 TWIN NASは稼動系、待機系の2台のNASとソフトウェアを組み合わせることで、障害時でもサービスを継続可能にするファイルサーバーパッケージ。1/2/3/6TBの容量に対応したNAS(アイ・オー・データ、NEC、EMC)が用意されており、夜間に稼働系から待機系にデータを自動バックアップすることで、業務の継続やデータ保護を可能にする。

 今回発表されたTWIN NASリモートバックアップサービスは今までLAN内にとどまっていたバックアップを、遠隔地に拡張するもの。NASのデータはいったん転送用のサーバーに複製され、その後インターネット経由で大塚商会のデータセンターに保存される。データは30日までの履歴管理が行なわれており、削除や変更されても元のデータをリストアできるという。転送時間は大塚商会で検証しており、安心して導入できるという。

TWIN NASリモートバックアップサービスの概要

 1/2/3/6TBのパックが用意されており、容量にあわせた月額料金での利用形態となる。価格はTWIN NAS 1TBパック、最大800GBのサービスで月額6万円、2TBパック、最大2TBのサービスで月額9万円。初期費用として、TWIN NASデータ転送専用サーバーの54万円~がかかる(すべて税別)。

■関連サイト

カテゴリートップへ