このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

韓国最大のオンゲイベント「G-STAR 2011」が韓国釜山で開催!

2011年11月17日 22時53分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NCsoftにネクソン、ハンゲームなど、日本でもお馴染みのオンラインゲームメーカーが名を連ねる韓国で、11月10日から13日までの4日間に渡って、韓国最大のゲームイベント「G-STAR 2011」が開催された。
 今回、日本でも「リネージュ」シリーズや「タワーオブアイオン」「雀龍門」といった人気オンラインゲームを多数運営するNC JAPANのプレスツアーにASCII.jpもちゃっかり混ぜていただいたので、「G-STAR2011」の模様をお伝えしていこう。

釜山で開催されたG-STAR 2011の会場となったBEXCOは、2002年の日韓合同ワールドカップの抽選会が行なわれた韓国でも有名な展示場の一つ。地下にはショッピングモールやレストランなどがあるほか、周辺には高級ブランドショップが入るデパートや大型ホームセンターなども点在している

 韓国最大のゲームショウ「G-STAR2011」が行なわれたのは、福岡から高速艇でわずか2時間の場所に位置する、韓国最大の港町の釜山にある国際展示場“BEXCO”。
 韓国ではオンラインゲームがゲームカルチャーの中心ということもあり、出展しているメーカーは、日本のゲームショウのようにコンシューマーがメインのメーカーではなく、オンラインゲームメーカーがほとんど。ごく一部のメーカーでPSPタイトルやアーケード用のアミューズメントマシンを展示していた。
 早速、今回の我々をアテンドしてくださったNC JAPANの本社となるNCsoftブースから場内のレポートを進めていこう。

開場直前のメインゲートの前には、平日にもかかわらず韓国のヘビーゲーマーたちが大挙して押し寄せていた会場の外では、出展各社が販促物の配布や試遊整理券の配布などを行なっていた

「リネージュエターナル」と「ギルドウォーズ2」押しのNCsoft

 昨年は日本でも人気のキム・ヒョンテ氏がキャラクターデザインを担当する「Blade & Soul」を前面に出していたNCsoft。今年も「Blade & Soul」かとおもいきや、G-STAR 2011の開催直前となる8日に、ソウルのNCsoft本社で行なわれたプレスカンファレンスで世界に公開された“リネージュ”シリーズの最新作「リネージュ・エターナル」と「ギルドウォーズ2」の2つのタイトルから構成されたブースとなっていた。

韓国5大オンラインゲームメーカーに名前があがるNCsoftブース。デカい。そして豪華!

 まずリネージュ・エターナルだが、こちらはプレイアブル機の設置はなく、NCsoftブースの1/3ほどのスペースを使ったクローズドシアターと、PC、iPadやAndroidといったモバイル機を使った現在開発中のプレイ動画を中心とした映像の上映のみとなっていた。

モバイル機器とPCによる映像視聴コーナーの様子
リネージュ・エターナルのクローズドシアター内は、巨大なスクリーンと豪華な音響設備が整えられていた

 ギルドウォーズ2は、残り2/3のスペースに80台のプレイアブル機を設置しており、今回のG-STAR用のデモプレイが可能になっていた。
 ギルドウォーズ2だが、開場直後から実際に触れてみたいという多くの人がブースを訪れており、80台と破格ともいえるプレイアブル機を用意していたにも関わらず、5時間以上待ちになるほどの盛況ぶりを見せていた。
 また、「ギルドウォーズ2」のコーナーには、MMORPGの魅力の1つとなっているPVP戦を体験できるコーナーも用意されていたが、こちらは台数が限られていたため、抽選に。見事に当選してPVP戦に参加できることになったプレイヤーは、開発元のARENA.netのスタッフと一緒に「ギルドウォーズ2」のPVP戦をいち早くプレイできたようだ。

ギルドウォーズ2をプレイする一般ユーザー。写真ではわかりにくいが、奥のほうに座っているのが順番を待つ人々ギルドウォーズ2のプレイアブル機には、3Dモニターを使ったものもあった
ギルドウォーズ2のPVPプレイ専用エリア。開発元のARENA.netのスタッフと一緒にゲームをプレイできるなんてうらやましい!
ゲームをプレイした人にはこれらのノベルティーがプレゼントとして用意されていた

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ