このページの本文へ

「iOS 5」はここが変わった! 最新機能を大紹介第2回

「iOS 5」―カメラ機能の使い勝手が大幅向上、撮影が快適に

2011年10月20日 12時00分更新

文● 小山安博

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

撮影後に役立つ、
閲覧/補正機能を強化

 iOS 5では、撮影した画像を閲覧する機能も強化されている。カメラで撮影した画像などは「写真」アプリ上で管理されるが、これまでは撮った写真はすべてひとつの「カメラロール」に保存され、サムネイル表示で選んで画像を表示するだけの単機能アプリだった。

従来のカメラロールは、ひたすらサムネイルが並ぶだけだった

アルバムの作成機能

 iOS 5の写真アプリでは、新たにアルバムの作成機能が追加された。「写真」アプリを開いてアルバムの選択画面から「編集」を選び、「追加」をタップすると、新規アルバム作成画面になる。その後、既存アルバムから画像を選択していけば、新たにアルバムを作成できる。

iOS 5では、標準のカメラロール(フォトストリームはiCloud用のアルバム)に加えてアルバムを追加できる

アルバムの並び替えや削除も可能

 このアルバムは、実画像を移動するのではなく、仮想コピーで分類しているだけなので、元画像は標準の「カメラロール」に残ったままだが、分類ができるようになったことで、より簡単に目的の画像が見つけやすくなった。

「写真」アプリを開いてアルバムの選択画面を開く。ここで「編集」をタップし、さらに「追加」を選ぶ

新規アルバムの名前を入力

続いて画像の追加画面。画像全部を一度に選ぶこともできる

アルバムが追加できた

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中