このページの本文へ

Shuttle「SH61R4」

DVI-I/D装備のH61搭載キューブベアがShuttleから登場

2011年10月06日 23時06分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ShuttleからチップセットにH61を採用するLGA1155対応のキューブ型ベアボーン「SH61R4」が発売となった。

ShuttleからチップセットにH61を採用するLGA 1155対応のキューブ型ベアボーン「SH61R4」が発売

マザーボードには「UEFI」を採用したMini-ITX対応モデルで、将来的には換装することも。そのためか、フロントI/Fの接続は従来のリボンタイプから汎用性の高いピンヘッダタイプに変更されている

 この製品はアルミシャーシを採用する、Mini-ITX対応のキューブ型ベアボーン。LGA 1155対応でCore i7/i5/i3プロセッサ(TDP95Wまで)を搭載可能。マザーボードはUEFIを採用したMini-ITX対応モデルで、将来的には換装することもできる。そのためか、フロントインターフェースの接続は従来のリボンタイプから汎用性の高いピンヘッダタイプに変更されている。
 またグラフィックスインターフェースにDVI-I+DVI-Dを装備し、デュアルディスプレイ環境の構築、さらにフルHD(1080p)再生にも対応している。その他、主要部分に固体コンデンサーを使用し、USB 3.0も利用できる。Shuttleお馴染みの専用クーリングシステム「I.C.E.(Integrated Cooling Engine)」は、従来のネジ留め式からインテル純正CPUクーラー同様、プッシュピンタイプに変更されている。
 全体サイズは325(W)×215(D)×190(H)mm。その他のスペックは、拡張スロットがPCI Express(2.0) x16×1、PCI Express x1×1、Mini PCI Express×1、メモリーがDDR3 DIMM×2(DDR3-1333/8GB)。オンボードインターフェースとして6chサウンドやギガビットイーサネット、SATA×4。ベイ数は5インチ×1、3.5インチシャドウベイ×2、電源は250Wを搭載済み。価格は以下の通りだ。

グラフィックスインターフェースにDVI-I+DVI-Dを装備する、キューブPCとしては珍しい仕様。デュアルディスプレイ環境の構築、さらにフルHD(1080p)再生にも対応する

価格ショップ
「SH61R4」
¥19,800パソコンショップアーク
クレバリー1号店
ツクモパソコン本店
ドスパラ パーツ館
PC DIY SHOP FreeT

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中