このページの本文へ

大和ハウスとソニーCSLが本気で挑む「住宅/家電の擬人化」!

2011年07月08日 12時00分更新

文● 佐藤隆博

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 7月8日〜9日、大和ハウス工業とソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)は、大和ハウスのショールーム「D-TEC PLAZA」(東京・水道橋)にて、家電機器をゲーム感覚で制御するシステムの公開実験を実施する(参加には申し込みが必要)。この一般公開に先駆け、7月7日にプレスや関係者に向けて実験内容を発表した。

会場となった大和ハウスのショールーム「D-TEC PLAZA」は、住まいと暮らしを提案する体験型施設

 実験内容を簡単に説明すると、スマートフォンなどの携帯端末を使い、エアコンやテレビ、Blu-rayプレーヤーなどの家電を制御するというもの。大和ハウスは同様の実験を15年前から行なっているが、これまでは端末の問題などで実現できなかった。しかし、最近は個人がスマートフォンを持ち歩くようになり、端末の問題が解決され始めた。大和ハウス工業 技術本部総合技術研究所の吉田博之氏は、「我々は住宅メーカーなので、開発できるのは住宅APIだけ。どれだけがんばっても端末や家電の開発はできませんでした」と語った。

大和ハウス工業 技術本部総合技術研究所の吉田博之氏。「今回の計画は、経済産業省が公募したスマートハウスプロジェクトが元になっている」と語る

 しかし、端末の問題がクリアーになっても、「顧客にとって魅力的であるか?」という課題があった。これまでビデオデッキやエアコン、お風呂など、外出先から家電を制御できる製品はいくつか存在したが、なかなか普及していないのが実情だ。

 そこで大和ハウスはソニーCSLに協力を求め、家電制御にエンターテインメント性の付加価値を付けることで広めていくことにした。それに対してソニーCSLは、家電の制御をゲーム感覚で行なうことを提案。今回公開されたシステム「Kadecot」(カデコ)を開発した。

「Kadecot」(カデコ)公式サイト。Kadecot内の世界では、家電を「家の中のもうひとつの家族」ととらえ、各機器を擬人化/キャラクターとして登場させることがうたわれている
実証試験に利用した開発プラットフォームのイメージ

 ソニーCSLが開発したKadecot上で動く家電制御ソフトの試作第1弾は、Android用アプリ「萌家電」。これはエアコンやBlu-rayプレーヤーなどの家電が親しみやすいキャラクターに擬人化され、まるでアドベンチャーゲームのようにユーザーに話しかけてくる。ユーザーとのやり取りの結果によって、エアコンの風量が調節されたり、視聴する番組が選ばれたりする。家電によってはソフトウェアアップデートをユーザーに促したり、関連商品をネット通販で購入することもできるようだ。

萌家電の公式ウェブサイト家電制御ソフト「萌家電」で声優を務める水瀬いのりさんは、ソニー・ミュージックアーティスツ所属の現役高校生
Blu-rayプレイヤーのキャラクターの声を担当する予定で、萌家電大使も兼務

 ソニーCSLの大和田茂氏は、「家電は、生活や気持ちを豊かにしてくれるすばらしい機械です。そんな製品に少しでも遊び要素を取り入れたいと思って『萌家電』を開発しました。昨今は情報の“見える化”が話題になっていますが、我々が目指すのは家電の“いじれる化”です」と話した。

ソニーCSLの大和田茂氏は、「最近は家電の節電対策が問題になっている。これをゲームのように遊びながらできたら楽しいだろう」とコメント「萌家電」では節電もゲーム化! 電気代を減らす目標金額をユーザーが指定し、クリアーを目指して省エネ対策に取り組める

 おもしろいのは、大和ハウスが開発した住宅APIとソニーCSLが開発したKadecotのどちらも、他の企業やユーザーに向けて情報を公開するプラットフォームとして計画が進められている点だ。両社はこのシステムの普及を第一に考えており、他の住宅・家電メーカー、ユーザーの参入がなければ一般層に普及しないことを十分に理解している。

 大和ハウス・吉田氏は、「今まで家電のシステムを構築しようとすると、すべて同じメーカーの機器で統一する必要がありました。でも、それはユーザーにとっては不便ですよね? 我々は一般市民の生活が豊かになることを第一に、この計画を進めています」と話す。

 このシステムが普及したら、夢のような「萌え住宅」がアチコチにできるかもしれない。帰宅してドアを開けると室内の照明がパーッと点灯し、お気に入りのキャラクターに「お帰りなさいご主人様♪」などと声をかけられれば、仕事の疲れも吹き飛んでしまうかも。早く普及させてください大和ハウス様! ソニーCSL様!

インターホンのデモ。このディスプレーの中にキャラクターが登場し、ご主人様の帰宅を迎えてくれるウェブカメラのデモでは、「萌家電」を操作してソフトウェアのアップデートを行なった
エアコンと扇風機の制御も可能左が扇風機で、右がエアコン
シナリオモードで制御するのが面倒な場合は、一般的なリモコンのようなインターフェースで制御できる

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン