このページの本文へ

トラックボール搭載のAndroidスマートフォンが入荷

2011年06月04日 11時30分更新

文● 樋口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Androidスマートフォン「H3000」。アナログチューナーやFMラジオチューナー内蔵をうたう。アンテナは本体内部に収納可能となる

 HTC製品によく似た製品パッケージを採用したAndroid 2.2スマートフォン「H3000」が、アキバに入荷した。「Google Nexus One」や「BlackBerry Torch」によく似たインターフェースを採用する。

本体側面には音量調整ボタンとUSB端子が並ぶ。シャッターボタンも側面にあるので、簡易デジカメとしても使えそうだ

 3.5型(320×480ドット)ディスプレーに静電容量式のタッチセンサーを採用。加えてトラックボールを内蔵しているのが特徴となる。

 アナログテレビチューナーとFMラジオチューナーを搭載するが、(いつもの通り)輸入品のため国内で使用できるかどうかは不明だ。

HTC製品風パッケージだが、本製品がHTCとは一切関係がないのは言うまでもない。トラックボールが搭載されているのはうれしいポイントだ

裏面には「ドロイド君」の印刷がある。裏蓋を外すとDual SIMカードスロット、microSDカードスロットが搭載されていた

 ストレージ用に2GBのフラッシュメモリーを採用し、200万画素のインカメラと30万画素のサブカメラ、イヤフォン端子を搭載。最大16GBまでに対応したmicroSDカードスロットのほか、GSM、GPRS、EDGEなどの通信方式に対応したSIMカードスロットを2つ備える。無線LAN(IEEE 802.11b/g)とBluetooth(2.1)にも対応している。

 サイズは幅62×奥行き13.8×高さ115.7mm、重量は88.7g。三月兎2号店、同3号店とSOUTHTOWN437にて販売中で、価格は1万8500円だ。

本体から伸びたアンテナはL字に曲げることのできる。試しに動画を再生してみた。あくまで再生のテストであり、画像のクオリティは無視していただきたい


【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン