このページの本文へ

中国を始めとする海外戦略も本格化

シャープ戦略発表 今年はアップルを抜いて国内1位を目指す

2011年05月20日 20時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シャープは、夏モデルのスマートフォンを中心とした事業戦略についての説明会を都内で開催した。

携帯電話全体では国内トップシェアを守り続けているシャープだが、スマートフォンではアップルに続く2位。これもトップを狙っていく

 現在の市場も完全にスマートフォンへの流れができている。2011年度はスマートフォンが4割前後になるという調査データもあり、より広い層に受け入れられる端末の必要性が生じている。

 ではスマートフォンにおいて、どのような要素がユーザーに求められているのか。今回説明を行なったシャープ 執行役員通信システム本部長の大畠雅巳氏によると「ユーザーの求める要素はフィーチャーフォンと特段変わらない」とする。画面サイズなどの基本性能や操作性などにユーザーの注目が集まっており、それらを重視していくとした。

 具体的な差別化ポイントとしては「ブランドの提案」「AQUOS連携」「基本機能強化」「サービス連携強化」の4点が挙げられた。

 テレビのAQUOSシリーズの高性能を想起させるブランドとして「AQUOS PHONE」を採用。AQUOSシリーズとの連携や高画質化エンジンを積んだ端末にAQUOS PHONEを冠していく。また、スマートフォンのコンテンツをAQUOSのテレビで見たり、逆にBDレコーダー内のデータをDLNAによってスマートフォンで見る機能に対応した。

AQUOSシリーズとの連携をさらに強化する。夏モデルは国内他社のAndroid端末と比べても、確かにスペック面で1枚上だ

 さらに今後は動画や写真をスマートフォンから送り出すような感覚でフリック操作することで、テレビにそのデータを表示させるような直感的な操作に対応する予定だ。

 基本機能強化ではツインカメラによる3D撮影や裸眼3D液晶に加え、強化された共通化プラットフォームを用いてコストダウンとの両立を図っている。たとえばディスプレーは液晶のシャープらしく、他メーカー製の端末にはない540×960ドットの高精細液晶を搭載。主要機種に1.4GHz動作のSnapdragonを用いるなど、スペック面でも差別化を進めた。サービス連携は「TSUTAYA GALAPAGOS」のさらなる強化を行なう。

中国のみならず、欧米や新興国も狙う
シャープのスマートフォン

 また今年度はすでに進出している中国だけでなく、欧米や新興国へのグローバル展開を予定している。すでにシリコンバレーに事務所を設置し、マーケティングや情報交換のための拠点として利用している。

中国で先にリリースされた折りたたみ型端末。Androidをベースにした点心OS(Tapas OS)が搭載されている

 テンキー付きの折りたたみ型Android端末を発表するなど、世界的に見ても特徴的な製品をリリースしているだけに、海外での活躍にも期待したいところだ。

説明会当日に発表されたソフトバンク「AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH」。キー入力回りはAndroid端末として特殊な仕様を用いないというが、操作感は想像以上にケータイそのもので驚かされる。カメラも1610万画素と強力だ
十字キーで発着信履歴が見られたり、メール機能を1キーで立ち上げるなど、操作感覚はケータイに極めて近い

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン