このページの本文へ

Sapphire「VAPOR-X HD6770 1G GDDR5 PCI-E DUAL DVI-I/HDMI/DP OC BOX」、「FLEX HD6770 1G GDDR5 PCI-E DL-DVI-I+SL-DVI-D/HDMI/DP BOX」

Sapphire製「Radeon HD 6770」に特徴的な2モデルが追加

2011年05月10日 22時11分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 昨日から販売が始まったAMDのミドルレンジクラス向けGPU「Radeon HD 6770/6750」。今日になってさらに2モデルがSapphireから登場している。

「Radeon HD 6770」 Sapphireから新たに2モデルの「Radeon HD 6770」搭載カードが登場

「VAPOR-X HD6770 1G GDDR5 PCI-E DUAL DVI-I/HDMI/DP OC BOX」

11189-01-20G
オリジナル冷却ファン「Vapor-X Technology」を採用する「Radeon HD 6770」搭載カード「VAPOR-X HD6770 1G GDDR5 PCI-E DUAL DVI-I/HDMI/DP OC BOX」

 「VAPOR-X HD6770 1G GDDR5 PCI-E DUAL DVI-I/HDMI/DP OC BOX」(型番:11189-01-20G)は、オリジナル冷却ファン「Vapor-X Technology」を採用する「Radeon HD 6770」搭載カード。またコアクロックが定格の850MHzから860MHzにオーバークロックされているのもポイントとなる(メモリクロックは4800MHz)。
 搭載メモリはGDDR5 1GB、出力インターフェイスは全モデル共通で、DisplayPort/HDMI/DualLink-DVI-I×2という構成。DVI→D-sub変換コネクタと4pin(x1)→6pin電源変換ケーブルが同梱されている。
 価格はアークで1万4770円だ。

「FLEX HD6770 1G GDDR5 PCI-E DL-DVI-I+SL-DVI-D/HDMI/DP BOX」

11189-02-20G
多画面出力が特徴の「Radeon HD 6770」搭載カード「FLEX HD6770 1G GDDR5 PCI-E DL-DVI-I+SL-DVI-D/HDMI/DP BOX」。Sapphire製のRadeonシリーズではお馴染みのモデルだ

 「FLEX HD6770 1G GDDR5 PCI-E DL-DVI-I+SL-DVI-D/HDMI/DP BOX」(型番:11189-02-20G)は、多画面出力が特徴のRadeon HD 6770搭載カード。ブラケット部は、SingleLinkDVI-I/DualLinkDVI-I/HDMI/DisplayPortという構成。このうちSingleLinkDVI-Iと/DualLinkDVI-Iは、付属のHDMI→DVI変換ケーブルを同時に使うことで、DVI出力×3で3画面出力(5760×1200)が可能だ。さらに、前述の構成にDisplayPortを加えた4画面出力(7680×1200)もできる。
 主なスペックは、コア/メモリクロックが定格となる850MHz/4800MHzで、搭載メモリはGDDR5 1GB。HDMI→DVI変換ケーブルやDVI→VGA変換アダプタ、電源ケーブルが同梱される。
 価格はアークで1万5970円となっている。

本体カード ブラケット部は、SingleLinkDVI-I/DualLinkDVI-I/HDMI/DisplayPortという構成。このうちSingleLinkDVI-IとDualLinkDVI-Iは、付属のHDMI→DVI変換ケーブルを同時に使うことで、DVI出力×3で3画面出力(5760×1200)が可能

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中