このページの本文へ

10分以内なら月300回までタダ!

イーモバ、国内通話10分無料の「通話定額オプション」提供開始

2011年04月21日 18時37分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ケータイや固定電話への通話が無料になる!

 イー・モバイル(イー・アクセス)は本日、携帯電話やPHS、固定電話(IP電話含む)への10分以内の国内通話が、月300回まで無料になる「通話定額オプション」を4月27日より提供開始すると発表した。なお、これに伴って現在実施中の「通話定額キャンペーン」は、4月26日で申込受付を終了する。

 通話定額オプションの対象は、スマートプランまたはスマートプランライトの契約者で、月額1400円の定額制。10分を過ぎた場合、また301回目以降の通話に関しては18.9円/30秒の料金がかかる。

 例えば、スマートプランライト(月580円~)と組み合わせれば、月額1980円で国内通話が定額になる。また、データ通信がメインの場合、スマートプラン(月4580円)との組み合わせで、月額5980円で通話もデータ通信も定額になるのだ。

 なお、4月30日までに新規契約と同時に申し込んだ場合に限って、4月分の月額1400円が無料になる。

HTC Aria

「スマートプラン」および「スマートプランライト」の対象端末を拡大

 現在、スマートプランとスマートプランライトは、Android 2.2を搭載した音声端末「Pocket WiFi S」および「HTC Aria」専用の料金プランだが、4月27日から音声端末全機種で契約できるようになる。これにより、通話定額オプションを音声端末全機種で申し込めるようになった。

 さらに、これに伴い5月31日で「ケータイプラン」、「ギガデータプラン」、「データプラン」、「定額パック24」の申し込み受付が終了する。

 ライバルとなるウィルコムの「だれとでも定額」は10分以内/月500回までの音声通話が無料で、基本プランの「新ウィルコム定額プランS」と組み合わせると月2430円。「新ウィルコム定額プランS」はウィルコム同士の通話が24時間無料であったりと単純な比較は難しいが、音声通話の定額サービスにおいても競争が本格化してきたと言えそうだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン