このページの本文へ

「ECOSYS FS-C5250DN」と「TASKalfa 305/TASKalfa 255」

京セラミタ、A4対応カラープリンターなど3機種を発表

2010年12月20日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 12月17日、京セラミタは、A4カラープリンター「ECOSYS FS-C5250DN」、A3対応モノクロ複合機「TASKalfa 305/TASKalfa 255」を発表。2011年1月5日より販売開始する。

ECOSYS FS-C5250DNTASKalfa 305

 ECOSYS FS-C5250DNは、静音性と生産性を向上させたA4対応カラープリンター。独自の長寿命化技術により、20万枚まではトナー以外の消耗品を必要としないのが特徴。また、印刷中の騒音レベルは、従来機から約50%低減させているという。

 主な仕様は、印刷スピードはカラー/モノクロともに毎分26ページ。本体サイズは幅390×奥行き523×高さ397mm、重量が約30.2kg。インターフェイスは100BASE-TX、USB2.0に対応。価格はオープンプライス。

 一方、TASKalfa 305/TASKalfa 255は、カラースキャナーと自動原稿送り装置を標準装備したA3対応モノクロ複合機。TASKalfa 305とTASKalfa 255の違いは印刷スピードで、前者が毎分30枚(A4横)、後者が毎分25枚(A4横)となる。

 主な仕様は、幅590×奥行き590×高さ694mm、重量が約52.2kg。インターフェイスは1000BASE-T、USB2.0。価格はオープンプライス。

 同社では基本機能を重視したシンプルで使いやすい複合機というニーズに応える製品だとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ