このページの本文へ

月780円でサービスエリアが全国1万カ所以上に拡大!

NTT Comホットスポットが使えるワイヤレスゲート

2010年10月28日 09時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月27日、トリプレットゲートは、同社が運営する公衆無線LANサービス「ワイヤレスゲート」でNTTコミュニケーションズ「ホットスポット」にも対応するプラン2種類を11月1日に開始すると発表した。

ワイヤレスゲートの基本プランは、月額基本料210円で利用ごとに1日299円。しかし、多くのユーザーが利用するのは、ヨドバシカメラが販売する月額380円で使い放題のプランだ

 ワイヤレスゲートは、月額380円(ヨドバシカメラオリジナルプランの場合)で、

  1. BBモバイルポイント
  2. livedoor Wireless
  3. 成田空港、羽田空港
  4. 東海道新幹線(東京~新大阪間)や成田エクスプレスの一部

など、全国約6500カ所で無線LANを利用できるサービス。

 新たなプラン2種では、NTT Comのホットスポットのエリアが加わり、タリーズコーヒー、モスバーガー、プロント、東京メトロと都営地下鉄各駅など利用可能となる。既存サービスとホットスポットの両方に対応する新プラン「オールイン・ワン」であれば、対応エリアは合計1万500カ所に達する。

 月額料金(税込)は、オールイン・ワンが780円。BBモバイルポイントには対応せず、ホットスポットとlivedoor Wirelessなどの対応エリア約6200カ所が利用できる新プラン「ホットスポット+プラス」が480円。380円の既存サービスも継続される。

各プランの金額とエリア

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ