このページの本文へ

Parallels Automationに追加可能

パラレルス、Linux共用ホスティング次世代サービスモジュール

2010年09月30日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月29日、パラレルスは、クラウドサービス提供時のオペレーションを自動化するソフトウェア「Parallels Automation」に追加するLinux共用ホスティング次世代サービスモジュールを発表した。

Parallels Automationの管理画面

 Linux共用ホスティング次世代サービスモジュールは、クラスタリングやロードバランシング、独自のサイト独立技術を搭載し、共用ウェブホスティングサービスのための安定したパフォーマンスと99.99%以上のアップタイムを実現するソリューション。

 従来のソリューションと比べると、1サーバーあたりのウェブサイト収容数を最大10倍まで増加できるという。また、今回のLinux用モジュールのほかにもマイクロソフトのSharePoint Server用やExchange Server用モジュールなども用意される。

 同社ではインフラコストや運営コストの削減、顧客定着率の向上、ARPU(ユーザー1人当たりの月間売上高)が増大し、サービスプロバイダの収益性と利益率が飛躍的に向上するとしている。月額利用料金は別途個別見積もり。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ