このページの本文へ

以前買い損ねた人もチャンス!

ソフトバンク網に変わって、HYBRID W-ZERO3が再び登場

2010年09月27日 17時09分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ウィルコムはHYBRID W-ZERO3専用の料金プランとして、ソフトバンクモバイルの3G通信網を用いた「新ウィルコム定額プランGS」を10月8日よりスタートする。

 新ウィルコム定額プランGSのサービス内容は、ドコモのFOMA網を用いていた「新ウィルコム定額プランG」とほぼ同等。月額基本料は1450円でウィルコム宛の通話、およびPHS網を用いたパケット通信は無料(他社携帯および一般加入電話への通話料は21円/30秒)。一方、3G網を用いたデータ通信は、0.105円/パケットで上限は5250円。通信速度は下り最大7.2Mbps/上り最大1.4Mbpsで、ソフトバンクモバイルのサービスと同等。

 なお直近30日以内のデータ量が500万パケット(約610MB)を超えた場合は、通信速度が制限される。ただし、PHS網を用いた通信はこの制限の対象外である。契約期間は1年間が前提となり、契約期間外の解約や他コースへの変更は初年度4200円、2年目以降は2100円の年間契約解除手数料、さらに契約から3年以内の解約やコース変更は「新ウィルコム定額プランGS」解除料として5775円が必要となる。


サービス内容は従来の新ウィルコム定額プランGとほぼ同じだが、パケット量の制限がやや厳しい点には注意

 この新ウィルコム定額プランGSと合わせて、長らく品薄状態となっていた「HYBRID W-ZERO3」の販売も再開される。なお今回の販売分については新ウィルコム定額プランGSへの契約が必須である。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン