このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ダライアスバーストが人気! 

第48回Amusement Machine Showが開催

2010年09月09日 22時30分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今年で48回目の開催となるゲームセンターなどで稼働するアミューズメントマシンの展示・発表イベント「Amusement Machine Show」(以下、AMショー)が、千葉の幕張メッセで開催された。本日と明日10日の2日間は業者日となっており、一般向けに開放されるのは11日の土曜日のみとなっている。

AMショーの一般公開日の入場料金は、前売り券は700円、当日券は1000円

 同イベントは、2月に開催されるAOUアミューズメントエキスポと並んで、国内最大級のアミューズメントマシンの祭典となっており、今後全国のゲームセンターで稼働する最新アミューズメントマシンの実機やプライズの数々が会場に作られた各社ブースで展示されている。
 各社ブースに設置されているアミューズメントマシンの多くは、無料で体験プレイできるものも多く、最新タイトルの数々をいち早くプレイ出来るのも大きな魅力。また、UFOキャッチャーなどのマシンの体験機では最新のプライズが入手できるものや、プリクラの体験機なども設置されている。

最新アミューズメントマシンの体験機では、各社のコンパニオンや説明員が操作方法を丁寧に説明してくれる
初日に体験プレイするのに最も長い待ち時間となっていたのは、タイトーの「ダライアスバースト アナザークロニクル」で、90分待ちとなっていた
UFOキャッチャーなどのプライズを展示するプライズフェアでは、秋葉原のゲームセンターでもおなじみのプライズの数々の新作が展示されていた
弊社のコンテンツを使ったプライズや声優を使った音声アイテムといったプライズも参考出展されていた
筆者が気になったのは「そらのおとしものf」の胸部立体レリーフマグカップ

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ