このページの本文へ

イグアス、ジャストシステム、日本アイ・ビー・エムの3社コラボ

ファイルサーバーの肥大化を防ぐGDMSアプライアンス

2010年09月09日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月6日、イグアスとジャストシステム、日本アイ・ビー・エムはファイルサーバー肥大化対策ソリューション「GDMS アプライアンス」を発表。同日より販売開始する。3社は検索ソフトウェア「Concept Search」のアプライアンス化も手掛けており、これが第2弾となる。

GDMS アプライアンスに採用されたIBM System x3250 M3(1Uラックモデル)

 GDMS アプライアンスは、ジャストシステムのファイルサーバー活用システム「GDMS」(Green Document Management System)と、IBMのx86サーバー「IBM System x」を組み合わせたアプライアンスソリューション。

 本アプライアンスは、「GDMS」の必要最低限の機能を、IBMのx86サーバー「IBM System x3250 M3」へ、あらかじめインストールして出荷される。インストールされる機能は、ファイルの削除/アーカイブによるファイルサーバー整理、フォルダやファイルの一覧表示、ファイルのアクセス権管理の3つ。

 さらに、「GDMS」の他の機能を含む将来のファイルサーバーの拡張にも対応できるという。価格はそれぞれの製品を単独購入する費用の約6割程度としている。なお、本アプライアンスはイグアスならびにイグアスのパートナー経由、およびジャストシステムの販売代理店経由にて販売される。価格は190万円。

GDMS アプライアンス基本構成
ソフトウェア GDMS 1.0 アプライアンス導入済(管理容量 1TB)
ハードウェア 本体 IBM System x3250 M3(1Uラックモデル)
CPU Core i3-530(2.93GHz)
メモリー 8GB
HDD 500GB
OS Windows Server2008 Standard R2 32/64ビット

カテゴリートップへ

ピックアップ