このページの本文へ

ソフトバンクと米・Ustream、アジア展開で合弁会社設立

2010年05月19日 09時51分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷
ソフトバンクと米・Ustream, Inc.(Ustream社)は5月18日、共同でアジアでの事業展開を目的とした合弁会社「USTREAM Asia」を設立することに合意した。  Ustream社は、インターネットを利用したライブ動画の配信サービスを提供する会社。  ソフトバンクは、100%子会社であるTVバンクを通して新会社へ出資する予定。また、同社はUstream社に対し、6月中に1000万米ドル(約9億円)の追加出資を行う予定。  USTREAM Asiaは、まず日本での事業展開を本格化させ、その後アジア各国で事業を拡大できるよう準備を進める。日本では2010年4月にUstream日本語版サイトの提供を開始しており、今回の新会社設立は、日本を含むアジア各国でのUstreamの利用促進を目的としている。  また、iPhone向けアプリケーションの「USTREAM Viewer」と、「USTREAM Broadcaster」の日本語版の提供も開始する。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く