このページの本文へ

1シャーシあたり最大560ポートの10GbEを実現

フォーステン、10GbE対応の40ポートラインカード

2010年04月08日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月7日、フォーステン・ネットワークスは40ポートの10GbEをサポートするスイッチ・ルーター向けのラインカード「ExaScale 40ポート 10GbEラインカード」を発表した。

データセンターで使用するスイッチ・ルータ向けのラインカード「ExaScale 40ポート 10GbEラインカード」

 同製品はデータセンターで使用するスイッチ・ルーター向けのラインカード。同社製仮想シャーシ型コアスイッチ・ルーター「E1200i(21RU)」に搭載する場合、1シャーシあたり最大560ポートの10GbEをサポート可能だ。

 また、同製品はSFP+インターフェイスを採用することで、1ポートあたり34Wという消費電力を実現。同社では、HPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)やデータセンターのネットワーク構築に伴うTCOを削減すると同時に、長期的な投資保護を実現するとしている。

 価格は9万7500ドル(米国価格)。日本市場では、2010年第2四半期より販売を開始する見込み。

カテゴリートップへ

ピックアップ