このページの本文へ

HYBRID W-ZERO3のGPS機能を生かす「NAVITIME」

2010年04月05日 20時41分更新

文● 川添貴生/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

HYBRID W-ZERO3の特徴としてGPSを内蔵していることが挙げられるが、このメリットを活用するアプリケーションが「NAVITIME」だ。

移動の際に便利な情報がてんこ盛り

 土地勘がない、あるいは行ったことのない路線/駅を使うとき、インターネット上で検索した地図や乗り換え方法、時刻表などを印刷して持ち歩くことは多い。しかし、事前に調べて1つずつ印刷するのは意外と手間が掛かり、出かける前の貴重な時間を浪費してしまう。さらに事前準備では、外出先から別の場所に直行する必要が生じたなど、突発的なイベントに対応できないのも問題だ。

 そこでぜひ活用したいのが、HYBRID W-ZERO3に搭載されている「NAVITIME」である。

ウィルコム公式サイトでは、最新版のNAVITIMEをダウンロード可能NAVITIMEのトップ画面。過去の検索した結果を「検索履歴/Myルート」で参照できるのが便利

 NAVITIMEはさまざまなキャリア向けに展開されている総合ナビゲーションサービスで、電車や自動車で移動する際のルート検索が可能だ。アプリケーションはHYBRID W-ZERO3にプリインストールされているほか、最新版をウィルコム公式サイトからダウンロードすることもできる。

 NAVITIMEの特徴の1つとして、目的地へ移動するために必要なさまざまな情報が網羅されていることが挙げられる。たとえば電車の乗り換えを検索した際、「前から1両目」など乗り換えに最適な位置を具体的に指し示してくれるといったことが好例だろう。

 乗り換え検索で言えば、乗り換え結果から充実した時刻表情報にスムースにアクセスできるのも便利なところ。検索結果に表示される「時刻表」のリンクをクリックすると、それ以降の電車の発車時刻が一覧表示される。この時刻の部分がリンクになっていて、それをタップすると終点までの駅名一覧と、その駅に何時に到着するのかが分かるという流れだ。

電車の乗り換えを検索したところ。「前から1両目」など乗車位置が具体的に指示されている乗り換え時に便利な駅構内マップ。道順まで教えてくれるなど、至れり尽くせりである
左が時刻表、選択した時間に発車する電車の到着駅と到着時刻一覧。到着時刻まで分かるのが便利

 同じく検索結果に表示される「駅構内ルート」も便利。こちらは当該駅の構内図と移動経路を表示してくれるという機能。特に大きなターミナル駅で乗り換える際には、強い味方になるだろう。

 自動車移動でも便利な機能が提供されている。たとえばルート検索結果には目的地周辺の駐車場や、放置車両重点取締区域が一発で分かるリンクがあり、事前にどこに駐車するべきかが判断できる。さらに参考値ながらタクシー料金が表示されていたり、有料道路を走行する場合は事前に料金が分かる。

自動車移動のルート検索では、移動先の駐車場を一覧表示するリンクが用意されているこちらは放置車両重点取締区域。いわゆる路駐の取り締まりを行っている地点というわけで、当然注意すべきポイントとなるこちらは「ガソリンスタンド」検索に用意されている、地域別ガソリンスタンド情報。レギュラーとハイオクのガソリン価格まで調べられる
現在地周辺のさまざまなスポットを調べられる「周辺検索」実際にFREESPOTの無線LANアクセスポイントを調べたところ。現在地から近い順にソートしてくれるのが親切

 もちろん渋滞情報や高速道路のルート検索、ガソリンスタンドの検索機能も用意されている。渋滞情報が便利なのはもちろんだが、ガソリンスタンド検索も地域ごとのガソリン価格の相場や、実際の店舗のガソリン価格が見られるのはかなり嬉しい。

 スポット検索も便利だ。これは現在地から2km以内にある“スポット”を探せるという機能。スポットとしては、コンビニや銀行/信金/ATM、飲食店などのほか、無線LANスポットまで登録されている。ちなみに無線LANスポットはサービス提供事業者ごとに分類されているなど使い勝手もいい。ぜひ活用したい機能だ。


専用アプリケーションで使い勝手のよさを実現

 もちろん、肝心の検索機能も充実している。あらゆる交通機関を横断して目的地までのルートを検索できる「トータルナビ」、複数の目的地を効率よく回る方法を調べられる「ぐるっとナビ」といった機能のほか、現在地や目的地の地図が見られる「地図検索」などが用意されている。

ズームや回転も可能な地図表示機能。HYBRID W-ZERO3の画面回転もサポートしており、横方向に地図を表示することも可能

 こうした豊富な機能がストレスなく使える、使い勝手のよいインターフェイスにも注目したい。ボタンの選択やカーソルの移動が十字キーや数字キーを使って素早く行えるほか、多くの項目において過去の履歴を再入力できるようになっており、何度も同じキーワードを入力する手間を省いている。

地図表示は「スカイビュー」にも対応。始めていく場所の雰囲気を掴むのに役立つ

 NAVITIMEを利用するメリットは、ルート検索機能が充実しているだけでなく、豊富な情報が外出先でも気軽に閲覧できることだろう。利用料金は月額315円と安く、PHS回線によるデータ通信が0円になった現在のHYBRID W-ZERO3であれば、通信料金も発生しない。電車、あるいは自動車での移動が多いのであれば、ぜひ活用したいアプリケーションである。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン