このページの本文へ

ISDN、ADSLに続く第3のお手軽バックアップ回線

NTT Com、FOMAでGroup-VPNのバックアップが可能に

2010年04月02日 09時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月1日、NTTコミュニケーションズは、同社のエントリVPN「Group-VPN」でのバックアップメニューとして、7.2MbpsのFOMA回線を用いた「Group-VPN Plusワイヤレスバックアップタイプ(d)」を追加した。

Group-VPN Plusワイヤレスバックアップタイプ(d)(同社のサイトより抜粋)

 同社は、これまでISDNを用いる「Group-VPN Plus ISDNバックアップタイプ」やイー・アクセスのADSLを用いる「Group-VPN Plus ADSL(e)バックアップタイプ」をGroup-vpnのバックアップメニューとして用意してきた。Group-VPN Plusワイヤレスバックアップタイプ(d)の追加により、ADSLなどの使えないエリアでもネットワークの信頼性を確保することが可能になる。従来のサービスに比べ、安価で手軽にバックアップできるのもメリットとなる。

 利用するために必要なルーターやモバイルアダプタ、カード等はレンタルで提供され、設定や保守はNTTコミュニケーションズ側で行なう。バックアップはメイン回線の遮断とともに自動的に行なわれ、ダウンタイムを最小にすることができるという。

 初期費用は8万2950円(税込)で、平日9時~17時までのオンサイト工事が行なわれる。月額利用料金はNTT東日本フレッツ 光ネクスト別契約型で、1万5330円(税込)。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ