このページの本文へ

ネイバージャパン、「いま・最新の話題」が探せる「NAVERトピック検索」を提供開始

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2010年03月31日 18時55分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

ネイバージャパン、「いま・最新の話題」が探せる「NAVERトピック検索」を提供開始

ネイバージャパン株式会社は2010年3月30日、いま・最新の話題が一目でわかる、「NAVERトピック検索」の提供を開始した。

NAVERトピック検索は、検索キーワードに関する、いまの旬な話題を1ページ上に横断的にまとめて表示する検索サービス。検索結果は、新聞社や通信社など約950のニュースソースから収集したニュース記事を表示する「ニュース」、はてなブックマークやTwitter、NAVERまとめでの引用数を元に人気ページやニュースをランク付けした「ホットリンク」、Twitter、pick、ブログ、オンラインニュースから最新の情報を集めた「リアルタイム」の3項目で構成されている。

また、検索結果の右上には注目度が赤い丸(○)で5段階表示され、その瞬間のキーワードの注目度の高さを表す。たとえば本記事を執筆する2010年3月31日18時時点で「ロシア」と検索すると、ロシア南部ダゲスタン共和国で発生した自爆テロのニュースを受けて注目度は最も高い5を表す。また、宮崎あおいに代わり、4月から東京メトロ CM「TOKYO HEART」に登場する新垣結衣は昨日18時時点で注目度は2だったが本日時点で5に上昇するなど、オンラインの注目度にあわせてリアルタイムに変化していることが確認できる。

リアルタイム検索はGoogle、Yahoo!、Bingなど検索各社が取り組んでいる新領域だが、単なるTwitterのツイート垂れ流しになっているほか、ストリームで流れる非構造化データのランク付けにはまだチャレンジすべき課題が山積している。NAVERでは、Twitterの最新投稿のみを表示するのではなく、オンラインニュースやブログ、ソーシャルブックマーク等の外部プラットフォームと、NAVERまとめやpickなど自社の情報流通プラットフォーム、さらに「ニュース、Twitter、インフルエンサーランクが高いと判別されているブログに限定」(事業戦略室室長・舛田淳氏)や、検索キーワードの話題度や重要度に合わせて最適化することにより、適切な情報を一元的に入手できるよう工夫が施されている。

NAVERトピック検索により、発売された新商品・サービスについて、オンラインで最新のニュースやスペックについて情報取得したり、ホットリンクで話題のブログやTIPSを得たり、気になる話題について他のユーザの感想を聞くといったことが可能になる。オンライン上の話題を一元的に整理した形で利用できることから、広報やPR担当者が、自社の話題や評判についてモニタリングするといった使い方もできそうだ。

NAVERトピック検索
http://topics.naver.jp

カテゴリートップへ

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く