このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

海外でもパケット通信が使いやすい

「SIMフリー版iPhone」&「Nexus One」購入ガイド

2010年03月26日 12時00分更新

文● 中山智

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

もう一つ手頃なのが
海外で新古品、中古品を購入する方法

 最近日本でもようやく中古携帯が注目されるようになってきたが、海外では以前から中古市場が活発で、比較的手軽に新古品や中古品が購入できる。香港の「先達廣場」やバンコクのMBK、シンガポールの「シム・リム・スクェア」などは、中古携帯ショップが数多く集まっており購入しやすい。

 ここで注意したいのが、Nexus OneはもともとSIMフリーなので問題ないが、iPhoneの場合は販売国を指定して購入すること。というのも海外から輸入したSIMロック版を解除したものをSIMフリー版と称しているケースが多いため。解除版はOSをアップデートすると、ふたたびロックがかかってしまうのだ。

 極端に相場より安い場合は、解除版の可能性が高いのでSIMフリー版が欲しい人はスルーしたほうがいいだろう。

香港の「先達廣場」は地下鉄旺角駅を降りてすぐ。中には100件以上の携帯ショップが出店している先達廣場内のショップの様子。人気機種は価格表示されていないことが多いので、直接聞いて交渉することになる
バンコクの「MBK」(マーブンクロンセンター)はMTRナショナルスタジアム駅の目の前。この4階が中古携帯ショップの集まっているフロアーだシンガポールの「シム・リム・スクェア」は地下鉄ブギス駅から徒歩10分ほど。写真のように小さなショップが集まっており、一昔前の秋葉原の感じがする

転送サービスを利用して
正規品をネット通販で購入する

 旅行のついでに購入するなら良いが、わざわざ現地に行って購入するのはコストがかかりすぎる。というわけで、日本で購入する場合はネット通販の利用も考えられる。

 Nexus Oneの場合はグーグルが、iPhoneの場合は香港のアップルストアがオンライン販売を行なっている。しかし残念ながら、どちらのサービスも日本への発送を行なっていないので、転送サービスを使って購入する必要がある。

香港 香港のアップルストアの場合、送り先が「Hong Kong」に固定されている

 転送サービスは、香港なら「電脳中心買物隊」、アメリカなら「スピアネット」などが比較的知られている。サービスを申し込むと転送用の住所が送られてくるので、Googleやアップルストアで購入する際にその住所を記載する。転送料が別途3000~7000円ほどかかってしまうが、正規の新品が購入できる。ただし実際にサービスを利用する場合には、ユーザーの自己責任で行なってほしい(編集部ではトラブル時の責任は負えない)。

 もっともNexus Oneの場合は、もうひとつ大きな問題があり、アメリカ、イギリス、シンガポール、香港の4ヵ国でしか購入できない。日本から販売サイト(http://www.google.com/phone/)にアクセスすると「対応していない国」と表示され購入画面へとすすめないのだ。これはアクセス時にIPアドレスをチェックしているため。

弾かれる 日本からNexus Oneの販売サイトにそのままアクセスしても購入できない

 該当国に海外旅行した際に注文するという手もあるし、海外のサーバーを経由するVPNやプロクシサービスを利用するという手もある。

Opera mini ちなみにスマートフォン用のOpera miniでは、アメリカのサーバーを経由してアクセスしているので、購入サイトに進むことができる

リスクがともなうが……
ネット通販で新古品、中古品を購入する

 iPhone、Nexus Oneともに多くのウェブサイト上のショップで新古品、中古品として販売されている。相場よりも1割から2割ほど高くなってしまうが、比較的手軽に購入できる。

 ただし、最近は詐欺サイトが増えてきているので注意が必要だ。手口としては、代金を振り込んだあと商品が送られてこず、しばらくするとサイトが無くなり、メールでのやりとりも行なえなくなるというケースが多い。

 詐欺サイトの特徴は

●価格設定が相場の1割くらい安い
●ショップの住所や電話番号が地方や国外
●支払い方法は銀行振込

 といったところだろう。住所や電話番号は実在するものが使われていることが多いが、電話をかけてもつながらず、現地はまったく別の家や事務所だったりするケースが多い。

 利用する前に検索サイトなどを使って調べる……までは多くの人がするかもしれないが、現実にはSNSのコミュニティやブログに“ここで買いました”といった偽装の書き込みを行なっているサイトも実際にあった。最大限の用心が必要となるだろう。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン