このページの本文へ

アーキサイト「“I-T”Click,Click2」

小茄子のようなデザインのフィンガーマウスに新モデルが登場

2009年12月25日 23時15分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スペインSuvilというメーカーの小茄子のようなユニークなデザインとなる小型マウス「“I-T”Click,Click2」が発売となった。

「“I-T”Click,Click2」

スペインSuvilというメーカーの小茄子のようなユニークなデザインとなる小型マウス「“I-T”Click,Click2」が発売

 この製品は、人差し指と親指で使用するという、ちょっと変わった光学式マウス。先端のボタンが左クリック、左サイドのボタンが右クリックとなり、つまむように使うことで、疲れにくいのが特徴。昨年8月に「“I-T”Click,Click」が発売されているが、今回のモデルは従来モデルよりも1.5倍にサイズアップされたのがポイントとなる。
 ラインナップはクールブラック/グレイッシュホワイト/オータムレッド/カクタスグリーン/レイクブルー)の5色展開。解像度は800dpiで、インターフェイスはUSB。サイズは112×35×23mm、重量65gで、ケーブル長は135cm。価格はクレバリー2号店で1270円だ。

「触ってもらわないとわからない」というマウストップ表面はラバー加工が施されている

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中