このページの本文へ

2人で同時に落書きしよう! iPhone「ビガップ」

2009年12月15日 19時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インデックスは15日、iPhone向けお絵描きコミュニケーションツール「ビガップ」の提供を開始した(iTunes Storeで見る)。価格は期間限定で無料。

ビガップ ビガップ ビガップ
ビガップ。バサラから技術サポートを受けて開発したという

 iPhoneのタッチパネルで「手書き」した落書きを、インターネットやBluetoothを経由して2人のユーザーでリアルタイムに共有できるアプリ。その場で撮影した写真や保存データを背景に選べるので、プリクラに落書きするような使い方も実現可能だ。色は標準で8色を用意しており、RGBで好きに作り出せる。

 今後は海外での配信や、最大4人が接続できるバージョンアップ版の提供も予定している。また、機能拡張に伴う有料化も検討中とのこと。ちなみにビガップとは、ジャマイカの言語パトワ語で「ようこそ・よろしく・感謝」の意味を表す言葉だ。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中