このページの本文へ

エイチアイ、仏Realeyes3D社とニンテンドーDSi(TM)向けフルソフトウェア モーション検出エンジン「Motion Cortex(TM)」を共同開発

2009年12月10日 11時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

-ニンテンドーDSi向けゲームの新たな楽しみ方を提供-

株式会社エイチアイ(本社:東京都目黒区、代表取締役社長兼CEO:川端一生、以下、エイチアイ)は、Realeyes3D S.A (本社:フランス サンクルー、代表取締役社長兼CEO :ベノア・ベルジェレ、以下、Realeyes3D)のカメラを用いたフルソフトウェア モーション検出エンジン「Motion Cortex」を、ニンテンドーDSi(以下、DSi)向けに開発したことを発表いたします。

Motion Cortexは、DSiに搭載されているカメラを用いて正確にデバイスの動きの方向と速度を検出し、フルソフトウェアでモーションセンサ機能を実現したソリューションです。

本来モーションセンサ機能の実現には、加速度計や磁気センサなどのハードウェアの搭載が必要でしたが、Motion Cortexでは、ソフトウェアの簡単な組込みのみで同等の機能を容易に実現することが可能です。

ゲーム開発者は、今後Motion Cortexを使用することで、ユーザが革新的かつ直感的な操作で楽しめるモーションセンサを利用したゲームやユーザインターフェースを、DSi向けにも手軽に開発することができるようになります。
※Motion Cortexの詳細、提供方法については、後述の「Motion Cortexについて」をご参照ください。

本件について、Realeyes3D代表取締役社長兼CEO ベノア・ベルジェレ氏は「高い技術と経験をもつエイチアイとパートナとなれたことを心強く思います。今回エイチアイの協力を得て、新しくRealeyes3DのエンジンがニンテンドーDSiという人気の高いゲーム向けに実装が可能になったことで、Realeyes3Dの市場拡大ができることと期待しております。」と述べています。

エイチアイの代表取締役社長兼CEO 川端一生は、「Realeyes3Dのモーション検出技術の使いやすさとその精密さは、これまでハードウェアでしか実現できなかったモーションセンサ機能の概念をくつがえし、さまざまなソフトウェア開発の可能性を私たちに提供してくれると思います。Motion Cortexの利用により、昨今ではモバイル機器のほとんどが搭載するカメラを利用した、新たなユーザインターフェースを提案できると考えています。」と述べています。

エイチアイのゲームブランドHI Games & Publishingでは、現在本エンジンを利用したニンテンドーDSiウェア(TM)向けのゲーム開発を進めており、年内には配信開始を予定しております。

エイチアイは、HIGPを通じて、今後もユーザの皆さまにとって楽しく魅力あるゲームコンテンツをお届けするべく、開発に注力するとともに、パートナとの連携を強化してまいります。

【Motion Cortexについて】
ユーザの身振りを携帯端末のカメラから得られるイメージを利用して検出します。Motion Cortexは、特許取得済み技術であり、ウェブブラウザやユーザインターフェース、ゲームなどに斬新なユーザ操作感を提供可能で、既に数千万台以上のカメラ付き携帯電話に搭載されています。直線的動作や傾ける動作の検出能力により、Motion Cortexは加速度センサを搭載したコンポーネントと理想的な補完関係を提供いたします。
Motion Cortexの詳細・提供方法については、Realeyes3D 担当:鈴木(hsuzuki@realeyes3d.com)にお問い合わせください。


*ニンテンドーDSは任天堂の登録商標です。
*Motion Cortexは、Realeyes3Dの商標です。
*その他の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。


【Realeyes3Dについて】
カメラ付き携帯電話向けに、各賞を受賞した組込みアプリケーションの開発及び各種技術サポートを提供しています。Realeyes3Dのカメラを利用したアプリケーションは、モバイル・メッセージングやユーザインターフェース、ゲームなどの分野に、便利でユーザの生活を豊かにするサービスを提供します。

2001年、フランス・パリに設立。東京、サンフランシスコ・香港に拠点を展開。世界的な携帯端末メーカや通信事業者を顧客に持ちます。

詳細については、Realeyes3Dのホームページ(http://www.realeyes3d.com)をご覧ください。

【HI Games & Publishingについて】
2008年12月に立ち上げた、株式会社エイチアイが運営するゲーム事業のブランドネームです。10年を超えるゲーム開発の経験をベースに「新しい価値観を持った遊びの創造」というテーマを掲げ、さまざまなあそびをクリエイトし、世界中のユーザにゲームコンテンツを発信してまいります。
詳細については、公式ホームページ(http://www.higp.jp/)をご覧ください。

【エイチアイについて】
エイチアイは、組込み機器向けミドルウェア開発の分野で市場をリードする研究開発型企業です。主力製品のリアルタイム3D描画エンジン“MascotCapsule”は、国内携帯電話事業者5社をはじめ米国、韓国、中国など国内外のさまざまな携帯電話プラットフォームに採用されています。また、国内および海外の大手携帯電話メーカともグローバルライセンス契約を結んでおり、MascotCapsuleが搭載された携帯電話の世界累計出荷台数は、2009年3月末時点で5億台を突破いたしました。

MascotCapsuleを利用し、コンシューマゲームのクオリティに劣らない多様な3Dコンテンツや3Dを利用したユーザインターフェースなどが、既に広く提供されています。今後は、家電など携帯電話以外のさまざまな組込み機器へのエンジン提供も、積極的に行ってまいります。

詳細については、エイチアイのホームページ(http://www.hicorp.co.jp)をご覧ください。


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社エイチアイ 広報担当:マーケティング部  増田 豊味
E-mail:press@hicorp.co.jp
〒153-0043 東京都目黒区東山1-4-4 目黒東山ビル5F
Tel:03- 3710-9376 Fax:03-5773-8660

News2uリリース詳細へ

News2u リリース詳細へ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中