このページの本文へ

自社導入型システムで、ユーザーごとにライセンスは不要!

NSD、ファイル転送システム「eTransporter」を9月販売

2009年08月27日 09時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月26日、日本システムディベロップメント(以下、NSD)は、大容量ファイルの転送を安全に行なえる「eTransporter」を発表した。システム構築とパッケージソフトの販売をメインにしている同社としては珍しい、自社開発のパッケージ製品とのこと。9月15日に発売を開始する。

 eTransporterでは専用のサーバを社内に導入し、送信元ユーザーはWebブラウザからドラッグ&ドロップで転送したいファイルをアップロードする。アップロードされたファイルはパスワード付のZIP形式で暗号化され、宛先として指定されたメールアドレスにファイルのURLが送信される。あとはメールを受け取ったユーザーがファイルをHTTP経由でダウンロードすればよい。ダウンロード時にはパスワード認証をかけることが可能なほか、内部統制に対応する監査ログ機能も標準で搭載する。さらに同社が従来から扱っているPGPを用いた強固な暗号化もオプションで対応予定。

eTransporterの構成図

 昨今、こうしたファイル転送システムはSaaS・ASP形式で提供されることが多い。だが、これらのサービスではファイルの転送や保存の容量、ログの取得に制限があったり、ユーザーごとのライセンスになるため、結果的にコストパフォーマンス面で課題が残る。オンプレミス(オンプレミス)型のeTransporterでは、ファイル容量の制限がなく、サーバ機の選択も自由。また、監査ログや暗号化などが標準で搭載されているほか、ライセンスがサーバ単位なので、ユーザーごとの課金に比べて、安価に済むという。

 サーバあたりのソフトウェアライセンスは200万円で、年間サポートが40万円。WebサーバとDBサーバを分離して構成することも可能になっている。ウイルスチェックやアーカイブ、LDAP/Active Directoryの連携などの機能も今後追加されていく予定。

初出時、「従来から扱っているPGPを用いてZIPで暗号化され」という表現がありましたが、実際はパスワード付きのZIPファイルとして暗号化され、PGPでの暗号化はオプションとして対応予定とのこと。お詫びして、修正させていただきます。本文は訂正済みです。(2009年8月27日)

カテゴリートップへ

ピックアップ