このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

BenQ、LEDバックライト採用のフルHD液晶を発表

2009年08月25日 19時00分更新

文● 北村/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ベンキュージャパンは25日、都内で液晶ディスプレイの新製品発表会を行なった。LEDバックライトを採用したフルHD液晶ディスプレイなどの9月発売予定の4機種と、10月以降発売予定の3機種を展示していた。

BenQの新製品発表展示会

21.5型では世界初という
LEDバックライト採用ディスプレイ

 発表会の目玉は、LEDバックライトを採用した21.5型の液晶ディスプレイ「V2200 eco」と、24型の「V2400 eco」だ。LEDバックライト採用機は、従来機より黒のコントラストをより鮮明に映し出せ、消費電力も低いのが特徴だ。解像度は1920×1080のフルHDで、入力インターフェイスはD-sub×1とHDMI×1となる。

LEDバックライトを採用した24型のフルHD液晶ディスプレイ「V2400 eco」

 映像ソースに合わせて自動的にバックライトを調節し、コントラストを最適のレベルに調整する機能「DCR(Dynamic Contrast Ratio)」により、500万:1の超ハイコントラストを実現している。さらに同社独自の画像補正技術「Senseye(センスアイ)3」を搭載しており、6種類のアプリケーションモード(スタンダード、ムービー、フォト、sRGB、Game、Eco)から好みの設定を選択できる。なかでもEcoモードでは輝度を抑え、約30%の消費電力を抑えられるという。
 発売日は9月下旬で、市場想定売価は21.5型の「V2200 eco」が2万3800円、24型の「V2400 eco」が3万800円となる。

LEDバックライト搭載機は厚みが薄いのが特徴だOSDの操作ボタンは右側面に配置されている
台座にあるのはカードホルダーこのように名刺などを挟んでおくのに使用する
Ecoモード時の消費電力は約17W。従来機が約42Wなので半分以下ということになる自転車に乗っているのはベンキュージャパンの代表執行役社長マーティン・モーレ氏。手前にあるディスプレイ「V2200 eco」は、モーレ氏が自転車を漕いだ時に発生した電力で動作している。この程度の電力で動作するのだから驚きだ

【製品情報】

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中