このページの本文へ

マンガ:Webディレクター 江口明日香が行く第1回

ネットショップに強いWeb制作会社の選び方

2009年07月23日 11時50分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷
「お客様目線」「げ、もう新幹線の時間だ」「じゃあこれとこれとこれをください」「急いで」「あの、せめてお名前を」「江口明日香、Web制作会社のディレクターよ」「いー」

田嶋校長のワンポイントアドバイス

トップページはネットショップの玄関

田嶋節和
株式会社サーフボード代表取締役/Webマスタースクール校長


 トップページはネットショップの正面玄関です。デパートでは大概、正面玄関口に化粧品売り場を配置し、オシャレ感、季節感、人気(ひとけ)の演出をしています。また、ドラッグストアーの出入り口は、今話題のトレンド商品をうず高く陳列し、お客様の心を引き付ける演出効果を出しています。トップページはWebサイトを訪れたお客様が瞬時に「何を売っているお店か」「欲しい商品があるか」を判断する、重要な玄関の役目です。

 ネットショップを立ち上げるときは、次のポイントをしっかりと押さえ、お客様にとって、魅力あるサイト構成を考えましょう。


トップページの10大チェック項目

  • 何を販売しているネットショップなのか、一目でわかるか
  • 他店と差別化できる商品やサービスを、キャッチコピーで強調しているか
  • 売れる(強みがある)商品が目立っているか
  • お客様の目的を達成するにはどのページにいけばいいかわかるか
  • 商品や企業のイメージと、Webデザインに統一感があるか
  • 支払方法や送料の情報をわかりやすく表示しているか
  • “お客様の問題”を解決するための情報を提供しているか
  • お客様に信頼感や安心感を与えているか
  • 対面販売のように、店長の姿勢を伝えているか
  • サイト名や店名が取り扱う商品/サービス名を含んでいるか

 「ホームページ」は誰でも作れますが、「ネットショップ」はそれなりの経験が必要です。お店のプロモーションサイトを作るのではなく、ネット上の本店を作るわけですから、繁盛しているネットショップを構築したことがあるWeb制作会社を選ぶとよいでしょう。また、実店舗を経営されている方は、店舗設計の経験を活かして、Webサイトの構築を考えるとよいでしょう。

前へ 次のページはありません

カテゴリートップへ

この特集の記事

一覧へ
Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く