このページの本文へ

イー・モバイル、データ通信でも国際ローミング

2009年05月26日 09時00分更新

文● ビジネス・ソリューション編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 イー・モバイルは25日、同社のデータ通信サービス「EMモバイルブロードバンド」の契約者向けに「国際ローミング」サービスを提供すると発表した。サービス開始は6月1日。日本国内で使用しているデータカード端末を海外でもそのまま利用できる。サービスの利用には、イー・モバイルカスタマーセンターに申し込む必要がある。

 パケット通信料は25KBまで50円(一部地域は50KBまで100円)で、以降は1KBごとに2円となる。通信料は非課税で、上限は5万円まで。無料通信分は適用外となる。米国、中国、韓国、タイ、香港、台湾など25ヵ国、31事業社と提携している。利用には国際ローミング対応端末が必要で、3G通信のみ対応する「D11LC」「D12HW」「D21HW」「D22HW」「D23HW」と、3G・GSM両対応の「D12LC」「D21LC」の計7機種。


カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ