このページの本文へ

ソフトバンクグループ6社、「ECサイト運営支援ソリューション」開発で業務提携

2008年09月29日 06時23分更新

通販旬報社

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 ソフトバンク・テクノロジー、ソフトバンクBB、ソフトバンク・ペイメント・サービス、ソフトバンク・フレームワークス、ソフトバンクIDC、サイバートラストの6社は、ECビジネスに必要なシステムやサービスをワンストップで提供する「ECサイト運営支援ソリューション」を開発するため、業務提携を実施した。

 「ECサイト運営支援ソリューション」は、ビジネス立上げのための初期投資の削減や準備期間の短縮を実現するとともに、効果的なマーケティング戦略の企画立案を支援するサービス。ECビジネス事業者は、売上を伸ばすための戦略的な活動に注力することができるとしている。

 具体的には、ソフトバンク・テクノロジーが提供する「ワンストップECサービス」を核に、フロントとなるECサイトの構築・運営、決済・回収や物流システムなどのバックエンドシステムの構築、データセンター、サーバ証明書、コンタクトセンター、そして、アクセス解析などのマーケティングサービスなど各コンポーネントを6社が共同で提供していく方針。

 

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く