このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

「魔法の天使クリィミーマミ」がアミューズメントデビュー! 声優の太田貴子らのスペシャルステージ開催

2009年04月27日 20時00分更新

文● 清水

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 魔法少女アニメの最高傑作と言われる「魔法の天使クリィミーマミ」。今年で放送から26年を迎えるが、主題歌と主人公「森沢優」の声優を担当した太田貴子さんらによるスペシャルステージが25日、LAZONA川崎のナムコ ワンダーパーク ヒーローズベースで行なわれた。

 このステージは、クリィミーマミのフィギュアがアミューズメント専用景品(発売:システムサービス)としてデビューすることを記念して実施されたもの。太田さんの歌のほか、キャラクターデザインを務めた高田明美さんとのトーク、名場面の上映、プレゼントがもらえる抽選会などが主な内容だった。

 まずは26年前の第1回放送を上映。森沢優がクリィミーマミになった瞬間などがスクリーンに映し出されると、集まったファンも子どもの頃、アニメを見ていた気分に……。そこにダンサーを従えて登場する太田さん。人気の高かった挿入歌「BIN・KANルージュ」を当時の歌声そのままに歌ってくれた。サビの部分などに差しかかるとファンからの声援もヒートアップし、その熱気はアイドルのイベント以上になっていた。

 その後のトークでは「急に若返っちゃったような気分です」と太田さん。MCとの質問コーナーもあり、そこではデビューのきっかけなどが語られた。それによると、日テレ系で放送されていたオーディション番組「スタア誕生!」への出演がきっかけで、最初は声優としてではなかったそうである。

 また、アミューズメント専用景品としてカラーの違うクリィミーマミのフィギュアと、作品に登場するキャラクター「ポジ」と「ネガ」のぬいぐるみが紹介された。フィギュアの制作もポーズや大きさなどが吟味されたそうで、両手を広げたポーズは制作サイドが「最も見たいマミちゃんのポーズ」として採用したという。大型のクレーンゲーム機もステージに引き出され、太田さんと高田さんがフィギュアとぬいぐるみの獲得に挑戦。2人とも3回以内に見事に景品をゲットしていた。

 さらにまた歌。今度はエンディングの「LOVEさりげなく」などを2曲。先ほどとは違ったダンサーを従えて太田さんが熱唱し、高田さんが現場で描いていたクリィミーマミのスペシャル色紙のプレゼント抽選を終え、主題歌の「デリケートに好きして」で締め。約2時間という、終わってみれば長いイベントだったが、駆けつけたファンも満足の内容だったのではないだろうか。太田さんは今後も歌などで活躍していく予定。7月18日に表参道のFABで行なわれる声優の水島裕さんの歌手デビュー30周年記念ライブにもゲスト出演するとのこと。

(写真特集ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ