このページの本文へ

日本美術の権威が監修した、iPhone浮世絵アプリ

2009年04月03日 22時50分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アプリヤは2日、iPhone/iPod touch用の浮世絵入門アプリ「浮世絵 美人画」の提供を開始した(iTunes Storeで見る)。価格は期間限定で230円。

浮世絵 美人画。本アプリは、「初めて浮世絵に触れる人たちにとって最高のもの」というコンセプトで制作されており、解説文も親しみやすい文体で書かれている

 日本美術の世界的権威という学習院大学の小林忠教授が全面監修した浮世絵画集。さらに英文の監修は、日本文学を教える数少ない外国人である東京大学のロバート・キャンベル教授が担当した。

 小林教授が館長を務め、その浮世絵のコレクションで世界的に有名な千葉市美術館の所蔵品の中から、「美人画」というキーワードで厳選した25点を収録。作品は1150×800ドットで収められており、小林教授の立会いのもと、iPhone/iPod touchで見た際、最も忠実な色味になるように調整したという。各作品ごとに詳細な解説文が読めるのも嬉しい。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中