このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

PIE2009で気になった次世代デバイスたち

2009年03月27日 12時00分更新

文● 橋本 優/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ディスプレーに3D表示できるデジカメ

富士フイルムのブースに展示されていた3Dデジカメ

富士フイルムのブースに展示されていた3Dデジカメ

 富士フイルムのブースでは、撮影した画像を3Dで表示できるカメラやデジタルフォトフレームを参考展示していた。カメラ、フォトフレームとも8万円以下の価格になる予定で、発売は今年の秋ごろ。

写真では画像がぶれている感じだが、裸眼で見ると立体に見える

写真では画像がぶれている感じだが、裸眼で見ると立体に見える

 カメラには2つのレンズとCCDを搭載し、撮影時に画角の異なる2つの画像を合成する。カメラの液晶モニターが3D表示に対応しており、裸眼で写真が立体化して見える。さらに画像は独自のプリントシステムにより、3D写真としてプリントできる。


写真をテレビに表示するデバイス

「EXILIM STATION」

「EXILIM STATION」

 カシオ計算機のブースで展示されていた「EXILIM STATION」という端末は、メモリーカードやUSB接続のHDDに保存された写真をテレビに表示するもの。操作はリモコンで行なえる。発売日などは未定。


メディアポートとデジカメの連携

「メディアポート UP」とデジカメをケーブルで接続する

「メディアポート UP」とデジカメをケーブルで接続する

 ニコンのブースでは、ヘッドフォン型映像再生装置「メディアポート UP」と、同社のデジカメを接続する専用ケーブルを参考展示していた。デジカメのディスプレーに表示される映像と同じものがメディアポート UPのディスプレーにも表示される。

 ただし、カメラを遠隔操作ができるわけではなく、操作のためにデジカメは手に持っている必要がある。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン