このページの本文へ

モリサワ、Vistaの“メイリオ”に準拠したフォント『MORISAWA Font Pack for Vista』を発表――2007年度新製品発表会で

2007年01月24日 21時15分更新

文● 編集部 永水和久

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)モリサワは24日、2007年度の新製品を発表するとともに、Windows Vistaに対する取り組みについても発表した。新製品のラインアップは、Windows Vistaが採用する“メイリオ”の文字セットに準拠したフォントパッケージ『MORISAWA Font Pack for Vista』や、デジタルフォント“OpenTypeスタンダード”18書体、“AdobeJapan 1-6仕様”10書体、モリサワフォントラインアップから目的の書体を選んで購入できる『MORISAWA Font Select Pack』、学生向けの『MORISAWA Font Student Pack』など。

Vistaでもモリサワらしいフォントを提供

代表取締役会長兼社長の森澤 嘉昭氏の写真
代表取締役会長兼社長の森澤 嘉昭氏

『MORISAWA Font Pack for Vista』は、Windows Vistaに標準搭載された“メイリオ”の文字セットに準拠したフォントパッケージ。フォント描画に“ClearType技術”を使用したのが特徴。フォントフォーマットはTrueType。書体は『リュウミンL/R/M』『新ゴ L/M/B』『ゴシックMB 101 R』。対応OSはWindows Vistaのみ。発売は6月末で、価格は未定。既に“MORISAWA PASSPORT”を購入済みのユーザーには7月以降順次提供となる。

モリサワ東京本社で行なわれた発表会では、代表取締役会長兼社長の森澤 嘉昭(もりさわ よしあき)氏が「XPからVistaに変わることで、230程ある書体をどう対応させていくかが、困難な問題となっている。さすがモリサワだと言われるような解決策を講じていきたい」と意気込みを語った。



“MORISAWA PASSPORT”に『見出ゴMB1』など新書体も

“OpenTypeスタンダード”の書体は、AdobeJapan 1-3に対応した9354文字のセット。和文が『見出ゴMB1』『見出ミンMA1』『モアリア』などの10書体で、かなが『リュウミン小がな EB/EH』『リュウミンオールドがな EB/EH』『秀英3号』など8書体。

“AdobeJapan 1-6仕様”の書体は、従来のOpenType Proフォント1万5444文字に、新10書体7614文字を追加した、2万3058文字のセット。新書体は、『リュウミン L-KL/R-KL/M-KL/B-KL』『新ゴ L/M/B』『ゴシックMB 101 R/M/B』。

同社の全フォントが1年間使用できる“MORISAWA PASSPORT”に、これらの書体が追加され、4月末以降の出荷ぶんが追加済み新パッケージとなる。既に“MORISAWA PASSPORT”を購入済みのユーザーには5月以降順次提供される。

目的の書体を選べるパッケージも

『MORISAWA Font Select Pack』は、モリサワフォントラインアップのうち、パソコン用のOpenType全書体とNewCID全書体、低/高解像度用のNewCID全書体から、目的の書体を選んで購入できるフォントパッケージ。選べる書体の数が1/3/5書体の3パッケージをラインアップする。対応OSはWindows Vista/XP SP2/2000 (SP4)、Mac OS X 10.3.9。低/高解像度用の動作環境は、Adobe PostScript 3以上。このパッケージにも、今回発表された新書体が含まれる。発売は7月末で、価格は未定。

学生向けには特別料金で提供

『MORISAWA Font Student Pack』は、学生向けに特定のフォントを1年間特別価格で提供するフォントパッケージ。フォントフォーマットはOpenTypeで、30書体を予定している。対応OSはWindows Vista/XP SP2/2000 (SP4)、Mac OS X 10.3.9。発売は4月末で、価格は未定。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン