このページの本文へ

HGST/東芝両対応の1.8インチ外付けHDDケースがアルミモデルとメッシュモデルの2モデル登場

2006年12月12日 23時36分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アイネックスからHGST製と東芝製の両方の1.8インチHDDに対応する外付けケース「HDE-01」と「HDE-02」が発売された。価格も安く携帯用の外付けHDDケースとしては便利かもしれない。

外付けケース 外付けケース
内部にHGST用(7mm厚対応)のコネクタと東芝用(5mm/8mm厚対応)のコネクタの両方を備える1.8インチHDD対応外付けケース「HDE-01」と「HDE-02」

 製品はシルバーのアルミニウム製「HDE-01」と内部が見えるメッシュタイプのブラック「HDE-02」の2モデル。内部にはHGST用(7mm厚対応)のコネクタと東芝用(5mm/8mm厚対応)のコネクタの両方を備え、PCとの接続はUSB2.0。USBミニBタイプを搭載し、約90cmのUSBケーブルやHDD固定用ネジ(HGST製HDD用)、両面テープ付ウレタンフォーム(東芝製HDD用)などが付属する。価格はテクノハウス東映で1880円、TSUKUMO eX.と高速電脳とドスパラ本店、ドスパラアキバ店で1980円となっている。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ