このページの本文へ

コーレル、圧縮ソフト『WinZip 10.0 日本語版』を発売

2006年11月27日 21時30分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コーレル(株)は24日、圧縮/展開ソフト『WinZip 10.0 日本語版』の販売を同日付けで開始すると発表した。ラインアップはスタンダード版とプロフェッショナル版の2種類が用意されている。価格は、スタンダード版の通常版が4725円、アップグレード版が2363円、プロフェッショナル版の通常版が7875円、アップグレード版が3938円。

『WinZip 10.0 日本語版』は、Zip形式のファイルの作成/展開が行なえる圧縮/展開ソフトの最新版。 新しい圧縮技術を採用し、従来より容量の小さいファイルを作成できるほか、Windowsの『エクスプローラ』スタイルの表示で、Zip形式のままファイルの追加/削除を行なえるのが特徴。プロフェッショナル版には、スタンダード版の機能に加え、タスクの自動化やスケジュール管理、アップロード(FTP)機能、DVD/CDへの書き込み機能などが搭載されている。また、11月14日に発表された『WinZip 10.0 英語版』のセキュリティーホールの脆弱性の問題は、日本語版では修正されているという。

対応機種はWindows XP Home Edition/Professional/2000/Me/98。なお、Vistaへの対応状況は同社のサイトで告知するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン