このページの本文へ

サードウェーブ、“Windows Vista Premium Ready PC”のノートパソコン『Prime Note Chronos IN』を発売

2006年11月22日 19時25分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)サードウェーブは22日、“Windows Vista Premium Ready”ロゴを取得したノートパソコン『Prime Note Chronos IN』を発売すると発表した。同日付けで、直営店“ドスパラ”の店舗と直販サイトで予約受け付けを開始し、12月7日に出荷を開始する。カスタマイズにも対応し、価格は15万9980円から。またCPUなどを強化した上位モデル『Prime Note Chronos IN 快適パック』も併せて販売する。

『Prime Note Chronos IN』
『Prime Note Chronos IN』

『Prime Note Chronos(プライム ノート クロノス) IN』は、CPUにCore 2 Duo T5500-1.66GHz、グラフィックスチップに米エヌビディア社のNVIDIA GeForce Go 7600(ビデオメモリー256MB)、メモリーは1GB(512MB×2、DDR2 SDRAM、PC-5300)を搭載し、Windows Vistaのプレミアムエディション(Home Premium、Ultimateなど)の動作を保証する“Windows Vista Premium Ready”ロゴを取得しているのが特徴。ディスプレーは解像度が1680×1050画素(WSXGA+)の15.4インチワイド液晶パネルを搭載する。 チップセットに945PM Express、HDDは100GB(シリアルATA、毎分5400回転)、光ドライブに片面2層書き込み対応のDVDスーパーマルチドライブ(DVD±R書き込み8倍速/DVD±R DL書き込み4倍速など)を搭載している。

ネットワーク機能は、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g準拠)、10/100/1000BASE-T、V.92対応56kbpsモデムを搭載し、インターフェースは、USB 2.0×3、アナログRGB出力、S-Video出力、IEEE 1394、マイク入力、ヘッドフォン出力などを装備する。拡張スロットはPCカード(Type II)とExpressCard/54を、メモリーカードスロットは3in1タイプ(メモリースティック/SDメモリーカード/MMC)を搭載する。130万画素のCMOSカメラとステレオスピーカーも搭載している。また指紋認証装置を搭載し、盗難防止用スロット(Kensington Lock)を備えている。

本体サイズは幅362×奥行き265×高さ31.7mm、重量は2.9kg(バッテリー含む)。電源はリチウムイオンバッテリーまたはACアダプターを利用し、バッテリー駆動時間は3時間(JEITA測定法1.0)。OSはWindows XP Professional/Home Edition/Media Center Editionのいずれか、またはOSなしを選択できる。保証は1年間(持ち込み対応)。DVD再生ソフトとライティングソフトが付属する。価格は、OSなしモデルが15万9980円、Windows XP Home Editionインストールモデルが17万2580円。

『Prime Note Chronos IN 快適パック』は『Prime Note Chronos IN』のCPUをCore 2 Duo T7200-2.0GHz、メモリーを2GB(1GB×2)、HDDを160GBにした上位モデル。そのほかのスペックは『Prime Note Chronos IN』と同じ。価格は、OSなしモデルが19万9980円、Windows XP Home Editionインストールモデルが21万2580円。

またOSをプレインストールした場合、両製品ともWindows Vistaへのアップグレードクーポンが付属し、Windows XP Home Editionは有償で、Windows Professional/Media Center Editionは無償でVistaへのアップグレードが行なえる(いずれも別途送料が必要)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン