このページの本文へ

ヴァル研究所、経路/運賃探索ソフト『駅すぱあと バージョンアップ(2006年12月)』を発売

2006年11月08日 21時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ヴァル研究所は8日、経路/運賃探索ソフト“駅すぱあと”のユーザー向けバージョンアップ製品『駅すぱあと バージョンアップ(2006年12月)』を12月6日に発売すると発表した。5000本限定で価格は3675円。

製品パッケージ 印刷結果
『駅すぱあと バージョンアップ(2006年12月)』印刷結果

『駅すぱあと バージョンアップ(2006年12月)』は、高速バスの探索機能や、探索結果の印刷機能を強化したほか、年末年始の臨時列車情報を収録したのが特徴。その日に起きた鉄道に関する情報と写真を日替わりで参照できる年末限定の特別付録『鉄道 日めくりカレンダー2007』が収録されている。動画コンテンツ“街道紀行”の新作『鯖街道編』(約15分)も収録されている。

高速バスは約70路線が追加され約360路線となった。印刷機能も強化されており、用紙1枚に複数の経路を印刷できるようになった。対応OSはWindows XP/2000。対応機種はメモリー128MB以上を搭載したPC/AT互換機。なお、インストールするには旧バージョンの“駅すぱあと”(Windows版)が必要。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン