このページの本文へ

プラネックス、ExpressCard対応のカードリーダーなど2種類を発表

2006年10月26日 17時36分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

プラネックスコミュニケーションズ(株)は25日、ExpressCardスロットに対応した拡張カードを2種類を、11月上旬に発売すると発表した。ラインアップは、20種類のメディアに対応したカードリーダーライター『PL-CR100EC』と、IEEE1394a/USB2.0端子を備えた『PL-MF100EC』。

価格はオープンで、同社のオンラインショップ“PLANEX DIRECT”における販売価格は、PL-CR100ECが4799円、PL-MF100ECが8400円。

『PL-CR100EC』 『PL-MF100EC』
カードリーダーライター『PL-CR100EC』IEEE1394a/USB2.0カード『PL-MF100EC』

ともに次世代PClカード規格“ExpressCard(エクスプレスカード)”に対応。カード幅は34mmだが、34mmの“ExpressCard/34”と、54mmの“ExpressCard/54”の両スロットに対応できる。対応OSは、Windows XP、Mac OS X 10.0以上。

PL-CR100ECで利用できるメモリーカードは、SDメモリーカード、マルチメディアカード、メモリースティック、メモリースティック PRO、xD-Picture Cardなど、合計20種類。重量は約22gだ。

PL-MF100ECは、タイプAのUSB 2.0端子を1基、6ピンのIEEE 1394a(FireWire 400)端子を2基搭載。重量は約35g。



カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中