このページの本文へ

芸能界への復帰を果たした川村ゆきえ、今度はトレカで“風の精”に!!

2006年10月23日 22時18分更新

文● 清水

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今夏から芸能活動を再開した川村ゆきえさんが、トレカ『La Sylphide(ラ・シルフィード)』(発売:エトワール/1BOX:6300円)を発売し、22日に神保町の書泉ブックマートで握手会を開催した。

川村さんは、ヤングジャンプのグラビアオーディション“制コレ03”の準グランプリを受賞したことで知名度を増し、一時期はグラビア界ナンバーワン人気とまで言われたほど。その後、1年半くらい活動を休止していたのだが、芸能界復帰を果たしたことで再び注目を集めている。復帰後の活動も順調で、すでに写真集やDVDが発売中だ。

「今回のトレカは(ロケが)ほとんど天気だったので、まぶしい顔もたくさんあるって感じです」

トレカは川村さんにとって2度目。ロケは7月末にバリ島で実施されているが、あまりの快晴と日差しの強さに、まぶしい表情が多いという。また、撮影当時はまゆ毛を整えていなかったらしく、かなりベビーフェイスに写っていて、「心が和む感じがします」とも語っていた。ロケ中は「風の谷のナウシカ」の曲を口ずさんでいたそうで、これがトレカのタイトルにも波及。シルフィードは仏語で“風の精”という意味である。

「私の指紋がピッと付いていたりするのは結構当たりです。たまにやっちゃう。あっ、触っちゃったと思うので、指紋が付いているサインの人は当たりです!」



MP3ファイルMP3ファイル(117.00KB) MP3ファイルMP3ファイル(167.63KB)
ロケは晴天が続いたという指紋付きのカードは当たり?

カードは全部で115種類。レアカードとして6種類の直筆サインカードなどがあるが、サインを入れる時に付いてしまった指紋があるのは「当たり」だと川村さん。カードが小さくて書きにくかったというが、もしサインに指紋みたいな模様があればお宝度は高い。さらに、90枚も生キスカードがある点も見逃せない。

「毎日同じ場所でお仕事しているわけじゃないので、新しい発見とかいろいろな刺激があって、続けていくにはとても楽しいお仕事だなと思いました」

芸能界での仕事については、こんな風にしみじみとコメント。大きなブランクは空いていても、その卓越した人気でグラビアを中心に各方面から引っ張りだこ。12月下旬には初主演映画『気球クラブ、その後』が渋谷のシネ・アミューズで公開されるなど、新しい展開も控えている。

大きなブランクは空いていても、その卓越した人気でグラビアを中心に各方面から引っ張りだこ。12月下旬には初主演映画『気球クラブ、その後』が渋谷のシネ・アミューズで公開されるなど、新しい展開も控えている

■プロフィール

川村ゆきえ(かわむら・ゆきえ)
生年月日:1986年1月23日生まれ
出身地:北海道出身
血液型:O型
サイズ:T158、B87、W59、H87
趣味:ネイルアート
特技:バレーボール

【関連記事】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ